Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

台風19号でお休みです♪
因縁のイングランド VS アルゼンチン((+_+))♪
お役に立ってうれしいです( *´艸`)♪
ポプリコンサート2019♪
進まないお引越し( ;∀;)♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

沖縄で宝島を読んだ♪


先日 沖縄から羽田に降り立った時
羽田から 新千歳空港に降り立った時と
同じような空気の違いを感じました。

この春休み 初めて沖縄に行ってきました。
北海道とは真逆の南の島 とは言え 
沖縄は小ぶりで動きやすかったです( *´艸`)
半日雨がすごかったですが
美ら海水族館 首里城 水中道路 などの観光地
沖縄そば グルクン 島豆腐 いろんなおにぎりなど
いろいろさまざま 堪能してきました!

買ってはいたものの 時間が無くて読んでいなかった
昨年の直木賞受賞作「宝島」を 持参しました。
時代はずいぶんさかのぼりますが
舞台となった沖縄で読んでみよう と思ったのです。

私がおもうところの休暇のだいご味は
さまざまな雑用に邪魔されない ということですね。
多分 私はある種の活字中毒だと思うのですが
本を読みだすと止まらないのです。
止められない止まらない
CMじゃあありませんが・・・( *´艸`)

あちらこちらにルビがふってあるのですが
その小さなカタカナが結構むずかしいのです。
翻訳機が必要だなって思いました。

100年少し前まで 琉球王国という
ひとつの王国だった沖縄ですから
同じころまで アイヌの人たちのものだった
北海道とは まったくちがうな と思いました。

ガイドブックやグーグルマップを見ながら歩いていると
親切な方たちが どこ行くの? そこ分かりにくいよね~
こっちだよ。と 教えてくださいました。
宴会文化 とも言えるものがあるようですが
あの空気を吸っていると 
とてもリラックスして オープンになれる気がしました。

とは言え 本の内容はそんなに力の抜けたものでは無く
私にはまったく未知の ある意味裏歴史のようなものかと思いました。
内容はそれなりに重く いろいろ考えられさせられましたが
なぜか読後感は爽やかでした。

そこが この作家の個性なのかもしれません。
まだ2冊しか読んでいませんが、
他の作品も 読みたいなと思いました。

新年度がはじまりましたので
つぎに何時間も読書に没頭できるのは
ゴールデンウィークの期間かしら?






沖縄で宝島を読んだ♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment