Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

全国学力調査 英語を話す力をどう測るのか?((+_+))♪
嗚呼( ゚Д゚)ノートルダム( ゚Д゚)♪
私がPTAとかかわったころ♪
沖縄で宝島を読んだ♪
新年度♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪


ぐんと冷え込みが厳しくなりました。
寒いのは問題ありませんが
空気が乾燥してきました。
今はひたすら 加湿 加湿加湿です( ;∀;)

さて 標記のグールド×バーンスタイン×ブラームス1962年ですが
この年の4月6日 ニューヨーク カーネギーホールで
についでです。
オケはもちろん ニューヨークフィルです♪

先日 これまたFMでかかっていたのを聴いたのですが
テンポはかなり遅く やたら音の粒が立っていて
私の好みの演奏ではなく そのことを家族に話したら
そのコンサートは 歴史的なコンサートだったということを
教えてくれました。

この日は バーンスタインが 
コンサートに先立ち
指揮台から聴衆に語りました。
↑のリンクで バーンスタインのスピーチ付きで
お聴きいただけます( *´艸`)

要するに 
自分はこんな速さで振りたくはないけど
ピアニストが我を張るから!
仕方ないから こんなに遅いテンポで
振りますからね!
てな感じ?

いやいや もちろんそんな風には言ってないんですが
そんな風にも聞こえちゃうんですよ。
例えば ニューヨークタイムズの当時の音楽評論家
ハロルド・シェーンベルグ氏(恩師の友人)は
バーンスタインのスピーチには
かなり批判的でした。

あと ビックリするんですが
演奏中の咳 咳 咳払い 咳 咳払い( ゚Д゚)
当時は まだホール内でも喫煙していた とか???
マジ? ですよね?

でも そんな中自分の演奏を貫いたグールドは
やっぱり 奇人変人天才???
バッハに関しては割と好きですし
ゴールドベルグなどは 代名詞にもなっていますが
ブラームスは もう聴かなくていいかな?
弾くものすべてが グールド色に染まるのは
それは否定しませんが ブラームスは
染めて欲しくないな
と私は思ってます( *´艸`)





グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment