Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

この記事アップできるかな????♪
右折がコワイ(/ω\)♪
お休み中のピアノの練習♪
9(10)連休おしまい( *´艸`)♪
ウェルカム!令和♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

後輩の活躍♪


師走に入り すでに3分1近くが過ぎようとしています。
今日は思ったより暖かく
陽の周りが早いこの時期は
陽射しを浴びてPCに向かえます。

さてさて・・・
お名前だけは聞いていましたが
昨日の朝日新聞の別刷りのトップページで
後輩が取り上げられていました。

まだ札幌にいたころ
当時大学の副学長をしていて
海外担当だったヤング先生が
札幌にいらしてご飯を食べた時にも
「知ってるかい?」
と 名前は上がっていました。

作曲家 藤倉大さん

まだ41歳とお若いですが
20代のころから 新進気鋭の作曲家として
活躍されてきたようですね。

ドイツ留学を目指し まずは英語を身に付けようと英国へ
と言うのは 私と同じかな?
私の場合は 「遊学」だったので
ドイツでもどこでも良かったんだけど
一人目の恩師に出会って 大学を決めたって感じかな?
トリニティに行ってなかったら
夫とも出会ってなかったし( *´艸`)

私も通っていたボンドストリート近くの
マリルボーンハイストリートの校舎に
通っていたんでしょうね。

大学が小さかったので ハイストリートを少し
行ったところに アネックスという 
レッスン室だけのブロックもありました。
今や 高級マンションに改造されたそうですが
当時は 大小さまざまなレッスン室から
練習室がありました。
そんな場所だから 斜め向かいには
学生御用達にパブがあったりね~
懐かしいなあ(*^^*)

「大学の友人を捕まえて
 自作曲を弾いてもらっていた」
とありましたが
多分 日本の大学にはない自由さ
(って 日本の大学知らないけど)
許容する大学の懐の深さ もあったように思います。
彼が大学生の時の学長は
チェロの デレクかなあ?
あ、違う違う エイビス先生(笑)

私はなんとなく 
自分の先生はファーストネームでは呼べなかったけど
他の先生は平気だったんですねえ。

私が通っていたころの大学名は
トリニティカレッジオブミュージック
だったので Wiki には
ケンブリッジ大学の トリニティカレッジが
リンクされていましたが間違いです。
現在は ラバンスクールというダンススクールと合併して
と やたら長っちい名前になってしまったので
まあ仕方がないのかも知れません( ;∀;)

それにしても 立派な後輩が出てくれて
大学も少しは知られるようになって
嬉しい気持ちです。

リンクのHPには 作品のディスコグラフィもあるので
聴いてみようと思います。
インタビューのとっても力の抜けた感じに
トリニティで過ごした音楽家っていう
そんな空気感を感じます。

今後もますますがんばって欲しいです(*^^*)








後輩の活躍♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment