Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

調律しました♪


秋の空気になりました。
今日は雨模様の中 気温も上がらず
我が家では 今季初鍋をしました( *´艸`)
とは言え また明日から暑くなるそうですが
それでも朝晩の気温が下がってきたので
やっとほっとしています。

さて 今日は朝からピアノの調律をしていただきました!
ピアノの調律って 音を正しく合わせるんでしょ?
と思われるかも知れませんが
それは 例えば料理に例えるならば
下準備に過ぎません。
野菜を洗い 肉を切って下ごしらえをし
調理の準備にかかります。
運動に例えるなら 準備運動や基礎練習
絵画に例えるなら デッサンに過ぎません。

そこから 料理ならば素材に工夫を加えていく
運動だったら それぞれの動きのための練習を進める
絵画だったら 色を選び下塗りをする。

そういう過程にあたる作業を
調律師の方はするのです。

それからが 奏者の出番となり
実際に多くの時間 演奏することにより
ピアノの音を作っていくのです。

ウチのピアノは 小さなヤマハのC1Xですが
たったの5年ほどで とても良い音になってきました。
レッスンで使用するだけでなく
家族で弾きまくってますので
熟成するのが 速いんじゃないかな?
なんて思ってます(*^^*)

ピアノは 誰が弾いても同じ音が出る
と思われるかも知れませんが
それは大きな間違いです。
そこが 電子ピアノとの大きな違いで
音を合わせるだけの調律屋さんには満足できず
昨年 音を生き返らせる調律師さんと
出会うことができて 本当に良かったです。

自分の満足いく音を作り上げる充実感
それは 本当に幸せな瞬間です♪




調律しました♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment