Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

プーランクを見直した( *´艸`)♪


例年にない北半球の暑さで
世界中が大混乱に陥っています。
それでも イギリスで続いた高温も少し落ち着き
今日は 千葉もムシムシしますが
気温は落ち着いています。

さて 先日ドイツでヴァイオリンの勉強を続ける
友人のお嬢さんのコンサートに行ってきました!
いわゆる「リサイタル」(一人で行うコンサートのこと)には
本当に 久しぶりに聴きに行きました。

この7月に 大学の卒業試験で最高点を取って卒業!
スバラシイ!!のひとことです。

ベートーヴェンのスプリングソナタではじまり
次がプーランクのソナタ
後半にブラームスの3番のソナタ
そしてアンコールにリヒャルト・シュトラウスの
ソナタの第2楽章という
正統派の演奏会です。

そこで初めてプーランクのヴァイオリンソナタを
聴いたのですが エラソーに失礼ながら
プーランクと言う作曲家を見直しました( *´艸`)

私自身は 
フルートソナタの伴奏
2台のピアノのためのソナタ
即興曲第15番「エディットピアフを讃えて」
しか演奏したことがありませんし
名前は知っていても そのほかの曲を
演奏する機会も 聴く機会もあまりありませんでした。

20世紀前半を生きたプーランクですが
曲調は ウィットとエスプリに富んだ
軽妙で洗練された感じ と思っていたのですが
このヴァイオリンソナタに関しては
それだけではなく 複雑で厚みのある
音の重なりもあり
私の知っているプーランクの曲では未知だった
少し謎の影の部分のようなものも感じられました!(^^)! 

もちろん 才能あふれる若い音楽家の二人が
織りなす素晴らしい演奏のおかげでもあると思いますが
プーランクってこんな曲も書いてたんだ~~!
と 思いがけない新しい作品との出会いに
嬉しくなりました♪

プーランク 
もうちょっといろいろ聴いてみよ~っと♪


プーランクを見直した( *´艸`)♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment