Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

新型コロナと生きる♪
オンラインピアノレッスン1st step♪
命の選別 イギリスNHSの場合
コロナウィルス感染が疑わしいと思ったら・・♪
バイリンガルピアノレッスン♪春の体験レッスンの受付を開始いたします♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

フォルティッシモの出し方の認識( ;∀;)♪


今日は蒸してます((+_+))
この空気が明日の雨になるんだそうです。
で 明日の運動会は日曜日に延期になったそうですよ。

さて フォルティッシモ は ff と書きますが
楽譜の上で 大きな音を求められる時に
ある記号です。

で その大きな音を出すときに
私はどうやって弾いているんだろう?
と 今朝練習しているときに ふと考えたのです。
(メンデルスゾーン・グラナドス・ショパン)

でも 大きな音と言ってもいろいろあって
ショパンで出す大きな音と
ベートーヴェンで出す大きな音
ドビュッシーで出す大きな音
和音で出す大きな音
オクターブで出す大きな音
単音で出す大きな音
とまあ大雑把に分けてもいろいろあって
ちょっと考えこんじゃいました((+_+))

基本的には 人差し指から小指(2~5)
の指先はしっかり立っていて
肩から下の腕の重さをしっかり支えられる状態で
鍵盤に指を落としてあげれば 大きな音は出ます。

この場合は上から下へ という動きになりますが
弾く場面 弾く音の大きさや速さ
求める音の質によっては
鍵盤に触れるまでの角度も変わっている ということと
弾いた後の脱力の方向も関係がある
ということを 今日初めてはっきりと認識しました( ゚Д゚)
いやあ~なんとなくは それぞれ違うよなあ~
とはずっとそれは意識してたんですよ ず~っと( ;∀;)

我ながら ピアノでも英語でも
無意識でやってることが多すぎて
考え始めるとできなくなる 
という副作用もあったりしてマズいので
もうちっと言語化しないとな 
と真面目に思ってます( *´艸`)

新入会の大人の生徒さんにも
弾いて差し上げると 違いが一目瞭然で
わかりやすい とも言って頂きましたが
それでも まだ言葉で誤解のないように
説明をすることはできないので
ここには記すことができません!
申し訳ありませんm(_ _)m





フォルティッシモの出し方の認識( ;∀;)♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment