Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

「耳」を持っていますか?♪


気持のよい秋晴れです。
今朝は久しぶりに川の向こうまで
時間をかけて ゆっくりお散歩をしてきました♪

さて あなたは「耳」持っていますか?
顔の両側に付いているその耳が
ただ単に音を聞き取るではなく
音質や感性まで聴き取る そういう耳でしょうか?

保護者の方から 楽器に関するご相談がありました。
最近は 電子ピアノが主流です。
私も以前は練習用に使っていましたので
その使用に関して 異を唱えるつもりはありません。

ただ残念ながら どんなに技術が進んでも
電子ピアノはあくまでも電子ピアノで
ピアノ ではありませんので
ピアノが上達するにつれ
やはり 物足りなさを感じることは多いと思います。

お子さんの上達につれ
電子ピアノでのお家での練習では
グランドピアノでのレッスンの時のような音が出せないこと
また どう弾いても同じ音になることに
納得ができなくなってきたため
ピアノの購入を考え中とご相談をいただきました。

こういう音は好きじゃないな とか
もっときれいな音で弾きたいな と
自ら感じる ということは素晴らしいことだと思います。
そう感じられる ということは そう聴くことができるから。
つまり そういう風に聴き分けられる耳を持っている
ということになりますね♪

より美しい音で より音楽的に
自分で聴いて 感じて 自分で表現する
どんなレベルの生徒にも
そういうことができるように指導したいと
いつも肝に銘じています。




「耳」を持っていますか?♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment