Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

人生最難曲( ;∀;)♪


3月5日(日) 千葉市 銀行プラザ音楽ホールににて
午後2時開演の おんきょうスプリングコンサートで
私が演奏する曲は
スペイン人作曲家 グラナドスの

「スペイン舞曲集」より オリエンタル
「ゴイェスカス」より   愛のことば

の2曲です。

オリエンタルは ギターなどで演奏されるjことも多いので
聴けば お判りになるかたも多いと思います。
オリエンタルは スペイン人のグラナドスから見た中東のことです。

でも 愛のことば はそれこそ
ほとんど弾かれることが無い曲なので
あまり 耳なじみも無いと思いますが
本当に素晴らしい曲なんです。
でも メッチャ難しい((+_+))

私の人生で いろいろ難曲と言われる曲を弾いてきました。

ロンドンに行って 最初にベートーヴェンのソナタを1曲やった次には
ムソルグスキーの「展覧会の絵」

ブラームスの 「パガニーニ変奏曲1・2」「ピアノコンチェルト第2番」

シューベルトの 「さすらい人幻想曲」

などが 一番難しかった部類の曲ですが
それよりも「愛のことば」が難しいのです。

まあ 若いころのようなスタミナやエネルギーが無いから
技術的に劣ってきているから などという理由もあるかもしれませんが
それでも 本当に難しい曲です。

なんで そんな難しい曲をやってんの?
と きかれると それは家人に
「難しい曲やっておかないと 力が落ちてくるよ!」
と 言われたからです( ゚Д゚)

確かに 千葉に来てからは
ボランティアコンサートでの伴奏や
ま 第九の練習ピアノストはしましたが
あくまで なんちゃって演奏ですし
ソロで となると何もやっていませんでした。

そこで選曲する際に魅せられた
敬愛するピアニスト アリシア・デ・ラローチャが弾く
愛のことば を練習することに決めました。

「ゴイェスカス」はスペイン語で「ゴヤ風の」という意味で
2つの曲集からなっており 副題が「恋する若者たち」と言います( *´艸`)

いや~~~私にぴったり!! というのは冗談ですが
ピアノを弾くには 非日常ですから
私は 何にでもなれます!

ゴヤの絵画は有名ですので「着衣のマハ」「裸のマハ」などの絵画は
一度は目にされた方も多いでしょう。

「マハ」とは伊達女 の意味で
「マホ」とは伊達男 の意味なのですが
そのマハとマホが 奔放な愛の駆け引きをする
それが この「愛のことば」という曲です♪

グラナドスは アメリカからの演奏旅行の帰りに
乗っていた客船がドイツのUボートに撃沈され
一度は 救出されたものの 波間に浮かぶ妻を見つけて
再度海に飛び込み 帰らぬ人となりました。

大変なロマンチストだったそうなので
この曲も大変ロマンチックで 
美しい旋律とハーモニーに溢れています♪

練習すればするほど その美しさにますます感動を覚えます。
興味のある方は どうぞ聴きにいらしてくださいませ♪













人生最難曲( ;∀;)♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment