Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

イタリアの大地震(◞‸◟)


夕べから ぐんと気温が下がって過ごしやすい
というより 寒くて夕べはお布団にくるまって寝ましたよ。
Uターン台風にも うんと注意が必要な週になりそうですね。


それにしても イタリアの大地震(◞‸◟)
あの 断崖に張り付くようにして立っている
風情のある石造りの家々
無残にも 瓦礫と化してしまって
本当に心が痛みます。

ウンブリア地方はそのほとんどが山岳地帯で
イタリアの緑の宝石と言われている
山と緑に囲まれた素敵な州です。

今回大きな被害を受けたNorcia(ノルチャ)やAmatrice(アマトリーチェ)には
行ったことがありませんが その少しの西側に位置する 
Spoleto(スポレート)は 訪れたことがあります。

2006年には もう少し北の Cortona(コルトーナ)から
くねくねとした 山道を45分くらい上った村で 
一軒家を借りて2週間ほど過ごしました。
その家も 急な山道の途中の 石造りの家で
庭には 野生のイノシシが出てくるようなところで
夜には 満天の星を仰げる豊かな自然に恵まれた場所でした。

イノシシが出たときには 本当は危ないのに
一緒に言った友だち家族のお父さんが
「イノシシ捕まえるぞ~!!」の号令で
子どもたちが走って追いかける というようなこともありました( ;∀;)

トスカーナ地方が 人気がありすぎて高くなったので
ウンブリアなどにも どんどん人が流れてくるようになったんですよね。
夏には400人 冬でも100人くらいの旅行客が訪れる場所と
BBCで報道していたので まだまだ把握されていない
観光客の被害も 出てくるかもしれません。

もう少し北に行くと トラジメーノ湖や ペルージャの街もあり
ペルージャの近くのアッシジでも 
1997年に聖フランチェスコ大聖堂が大きな被害に遭い
2000年に訪れたときには 見学はできたものの
まだまだ修復作業の途中でした。

イタリアは 日本と同じ地震国ですが
場所にもよるようですが 古い石造りの家では
耐震性は乏しかったのでしょうね。

懸命な救助に当たられている方の安全を祈りつつ
犠牲に合われた方々のご冥福をお祈りしています。





イタリアの大地震(◞‸◟)に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment