Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

バイリンガルピアノレッスン♪春の体験レッスンの受付を開始いたします♪
センター試験英語(^^;)♪
2019年が終わります♪
香港チャイニーズは強い( ;∀;)♪
蜜蜂と遠雷を観ました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

先生の英語習得法♪


今年は 気象予報士泣かせのお天気だそうですね。
今朝がた 千葉ではかなり激しい雨が降り
美浜区もけっこう降っていました。
どうせなら さっさとカーーーっと暑くなってほしいものです。


さて これだけ記事を書いていても
実は 私自身がどうやって英語を身に着けたのか
きちんと書き記したことが無かったことに気づきました( ;∀;)

英語との最初の衝撃的な出会い
それは 中学1年生の時の英語の先生が
クリスマスの時期に 授業でビング・クロスビーの
"White Christmas"  を 生徒に歌わせたことです。

でも だからと言ってその後一生懸命英語を勉強したわけでもなく
時は過ぎて行きました。

今回詳細は省きますが
高校を卒業して 海外の音大に行くことになったとき
とりあえず 英語は6年間やっていたんだから
まずは 英語圏に行くことになり つてのあったロンドンに行きました。

6年間の英語教育のあとの私の英語力
それは ほとんど皆無に近いものでした。
なぜか?
聞き取れないからです。

自分では言いたいことを何とか言っても
相手の返す言葉がわからない( ゚Д゚)
そこで トッテナムコートロード近くの 英会話学校に通いました。

最初のテストでは 読み書きはできるもんだから
けっこうレベルの高いクラスに入れられて
でも 全然何を言ってるのかわからない。

難しすぎると言って 毎日一つずつクラスを下げてもらって
ようやく落ち着いたのは 下から2番目のクラスでした( *´艸`)

読んで書くレベルなら 中学1年レベル
でも 聞き取れないんですから それでも精一杯でした。
そこで 3か月
家では 何をしていたかと言うと
テレビで子ども番組を観て
天気予報はわかりやすいので 必ず観るようにし
あとは時間がある限りラジオを聞いたりしていました。


その後 夏の間は バースの夏期講習に3週間半
ホームステイしました。

ホームステイでは ベルギー人の女の子と同室で 
まあ 楽しくやりました。
大きなお宅で 裏庭には家庭菜園があり
毎日 新鮮なお野菜で シンプルだけどおいしい食事を取りました。

でも そんな食事の場で
「なんで 日本人はクジラを食べるんだい?」 とか
「なんで 日本人なのに ピアノを弾くんだい?」
な~んて質問をぐいぐいされて どぎまぎしてました。

日本では 政治的な話などは 避けるっていうか 
ほとんどしないですよね。

このころ 聞くことはだいぶできるようになってきましたが
自分から話すってことまでは まだまだできませんでしたから
答えようにも言葉が見つからない。
そんな 時期でした。

つづく........





先生の英語習得法♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment