Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

バイリンガルピアノレッスン♪春の体験レッスンの受付を開始いたします♪
センター試験英語(^^;)♪
2019年が終わります♪
香港チャイニーズは強い( ;∀;)♪
蜜蜂と遠雷を観ました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

怒ってます(ーー゛)♪


関西地方まで梅雨明けだそうですが
関東地方はまだですね~
梅雨だというのに 連日30℃越えって( ゚Д゚)

札幌のお友達は 夜は寒いくらい!って言ってます。
夜だけでいいから その涼しい風送って~~~!!


さて ワタクシ怒ってます。
こだわらない性格なので あんまり腹を立てることはないのですが
腹を立てるときは 結構本格的に怒ります。

実は 先日の記事「音符を読むということ」からつながるんですが
何に怒っているかと言いますと
「楽譜に 音の名前を書き入れる先生たち」
に対して 怒ってます。

音符をすぐに読めるようになる子もいれば
とても時間のかかる子もいます。
お家で確実に復習をして 上手に読めるようになる子もいれば
練習が足りなくて なかなか上手に読めない子もいます。
一生懸命やっていても 
ちょっと苦手で時間がかかる子もいるのもわかります。

でも 先生はどんな子に対しても
同じように 楽譜をしっかり読めるようにすべきである
というのが私の考え方です。

前回の記事を書いたのは
立て続けに 楽譜に音符の名前「ド、レ。ミ・・・」が
書き入れてある譜面を目にしてしまったからなのですが
そこでは 先生たちに対する自分の考えは控えました。

でも さらに知ってしまったいまは
怒りになりました。

確かに さいしょはドレミファソだけでいいですよ。
でも、ドレミファソってピアノの上にいくつあると思います?

「ソ」って書いてあっても どこの場所の「ソ」なのかわからない。
なんとなく指はそれなりに動くのに 音がわからない。
確かにわからないですよ。
時間のかかる子もいます。
けれども、根気よく教え続ければ少しずつ読めるようになります。

でも 楽譜を読むという習慣ができていない子は
譜読みができないことが ものすごいストレスになってしまい
指は動くから なおさらたちが悪いのです。

音を読ませないのは正直言って先生の怠慢だと断言します。
読めない、ということ自体は苦手な子もいるのですから
まだまだ時間が足りないだけで 問題ではありません。

でも 楽譜に音符の名前を書き入れるのは大問題です。
楽譜を読む ということ 指を動かす ということ
この二つができなくて どうやってピアノを弾かせるつもりなんでしょう??

子どもたちが ピアノを続けて きちんと譜面が読めるようになって
自分で 好きな曲の楽譜を選んで 先生に教わらなくても弾けるようになる
というのが 私のひとつの目標です。

ディズニーだって J-popだって アニソンだってなんだっていい!

楽譜を読む という作業は 本当に根気のいる作業ですが
ここをサボっちゃ 絶対にダメ!!

楽譜に音符を書き入れる先生たちは
いったい何を考えているんでしょうか?
それで 得るものは何なんでしょう?

一時的に生徒が 何かを弾けるようになったとしても
そんなのは一時しのぎでしかありません。

大変でも 音符を自分でしっかり読むということが
絶対に 生徒の糧になるんです。
つまらない作業でも なんとか興味を引き付けて
譜読みをしっかりしてください!










怒ってます(ーー゛)♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment