Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

インフルエンザA型にやられる(>_<)♪ その2)
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪
スタンウェイを買ってもらった( *´艸`)!?♪
4月入会の体験レッスン申込み受付はじめます♪
あけましておめでとうございます♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

「羊と鋼の森」ピアノを愛するすべての人に♪


連休初めの強風もおさまって
気持ちの良い日が続きます♪

先日 久しぶりにハードバックの本を買いました。
本屋大賞に選ばれた 宮下奈都 著 
「羊と鋼の森」です。

帯には
「ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を温かく
静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説!」
と ありました。

まさに その通り♪
ピアノを愛するすべての人に読んでもらいたいと思いました。

そして さまざまな事情で難しいことは百も承知ですが
できれば 電子ピアノではなくて やはり 
本物のピアノを 弾いてもらいたい
羊と鋼の森を感じてもらいたい
と 強く強く思いました。

ことばのひとつひとつが 実感をともなって
私のなかに染み入ってきました。

そしてまた ここにも 私と同じように感じる人がいることに
うれしくなりました。

機会があったら ぜひぜひ手に取っていただきたい
素晴らしい本です。
本屋さん 選んでくれて ありがとう!

たくさんのフレーズに共感しましたが
いちばん大きくうなずける部分をご紹介します♪

「音楽は人生を楽しむためのものだ。
(中略)
決して誰かと競うようなものじゃない。
競ったとしても、勝負はあらかじめ決まっている。
楽しんだものの勝ちだ。」





「羊と鋼の森」ピアノを愛するすべての人に♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment