Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

反響♪


今日は 寒いです♪

朝は イギリスでは”Drizzling” と呼ぶタイプの雨でした。

それでも 日の入りはぐんと遅くなり

明るい時間が長いのは 気持ちが良いですね♪

 

さて 22日に朝日新聞に投稿が載ってから

いろいろと反響をいただいています

 

週末に会った高校時代の友人は

追っかけとまでは行きませんが 宝塚が好きで

時々の観劇を楽しみにしているそうです。

会場マナーの徹底は結構厳しくて 通路の11本で

携帯電話の電源を切るようにお願いがあったりするそうです。

 

でも そんな中 「ロミオとジュリエット」を観に行ったとき

舞台も佳境に近づき ロミオが死んでしまったと勘違いして

ジュリエットが自害したシーンで 張り詰めた空気の大劇場に

「あら~ 死んじゃった・・・・」との大きな声が響き渡ったそうです。

 

客席も舞台も凍り付いたそうですが

きっと 声を発した当人は何も思ってなかったと思うと言っていました。

当日は スポンサーなどがそれぞれの顧客を招待したかのような

ブロックがいくつかあったそうです。

 

たぶん 先日の発表会も 友人が経験した宝塚の舞台も

自宅でテレビを観ているという感覚で

ほかにも 息を殺して見入っている人がいる ということは

まったく頭にない人が 無料だからとやってきて

平気で声を出すのだろうと思います。



舞台の観劇や コンサートの鑑賞の経験のない人が入ると

こういうことになるのでしょうが

演じているほうは必死なのに まさか会場で声を出す人がいるなんて

それはそれは まったくの想定外の出来事です。

 

観劇・鑑賞の際は途中で出入りはせずに

静かに鑑賞する というのが当たり前のことだと私は思っていましたが

平気で出入りする 平気で声を出す人も

この世の中にはたくさんいるようです。

 

今回のコンサートでも 演奏中に出てくる人が結構多かったと

受付から報告がありました。

最後のコンサートが 札幌キタラホールだったので

そこは コンサートコンシェルジュが必ずドアに付いていたので

うっかり忘れてました。

 

静かに鑑賞することが 常識とは思わずに 

知らない人には教育をする

ということを 常識にしなくてはいけないんだろうと思います。

 

でもねえ~

誰かが 一生懸命舞台で演じていたら

声を出して 自分のおしゃべりに夢中になれるのかな?

平気で出入りできるのかな?

自分がもし舞台に立っているときに

会場からおしゃべりが聞こえたら どう思うのかな?

 

ほ~んと 不思議だよね~((+_+))

 


反響♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment