Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

2月9日(>_<)♪
体験レッスンをご希望の方へ♪
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪ その2)
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪
スタンウェイを買ってもらった( *´艸`)!?♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ノーベル賞受賞者の英語♪


師走に入り 本当に 師(ワタクシ)は走りまわっております(^_^;)
プライベートで多忙を極めておりまして
今月に入ってから ブログの記事は またこれで二つ目(>_<)
でもまあ こんなこともあります。

さて いろいろ書きたいことはあったのですが
取りあえず ちょっと遅ればせながらも 一応タイムリーな話題をひとつ。

それは 何と言っても先週のノーベルウィークの
日本人二人の受賞です。

よくわかんないけど 宇宙のなりたちに迫る
梶田先生の研究 と
とっても分かりやすい 大村先生の研究

お二人の日本人受賞には
日本人として 本当に誇らしい気持ちでいっぱいですし
心から おめでとうございます と申し上げたいです。

さて そのお二人
授賞式に先立ち 英語でスピーチをされました。
全てを拝聴したわけではありませんが
正直 お二人とも ネイティブのような発音ではありませんでした。

でも そんな必要はあるでしょうか?
必要なのは ネイティブのような流暢さではなく 
自分の研究について 100%相手が理解できるように
必要なことを伝えるための英語力で
さらに 国際学会などで 質疑応答に耐えうる英語力です。

そういう意味で お二人とも真のバイリンガルだと思います。

これまで 布袋さんの英語や本田選手の英語についても記事にしましたが
共通することは 全員がその道の一流の方たちでである 
ということです。
 
もちろん きれいな発音はウェルカムです。
でも 伝えるべき内容を きちんと伝えられる英語力があれば
それで 十分なのです。
英語が話せる ということよりも 英語を話してどうするか?
そのほうが ず~~~っと大事なんですけどねえ~

受賞された先生方も 自分の研究のために
必死に 英語を身に付けられたのだと思います。


受賞された先生方のインタビューなどもテレビで拝見しましたが
人としても尊敬できる そんな先生方ですね。


おめでとうございます!










ノーベル賞受賞者の英語♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment