Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ピアノの練習 基本の基本♪


これが 梅雨の中休み???
急に暑くなって 熱中症なども増えてきているので
体調管理には気を付けなくてはなりませんが
暑くても まだまだ朝は風が気持ち良いので
今朝も気持ちよくお散歩して来ました!

さて、ピアノの先生のブログなのに
ピアノに関したことはさっぱり書いてないなあ~と思ったので
今日は ピアノの練習について書いてみようと思います。

ピアノの練習と言っても いろいろなレベルの生徒がいるわけですから
かんたんにこうすると良いよ~ということも言いにくいということもあります。
でも 私個人を含め どのレベルの方にも有効だと思える練習方法を
伝授しようと思います!(←なんかエラソー)

とは言え、そんなの常識!と言われることも重々承知の上ですが(^_^;)


自慢にしてはいけないのですが
私の練習嫌いは 音楽関係の友人のなかでは有名なことでした(^_^;)
なんで 有名かと言うと 
「練習時間は短いのに なんか弾けてる」
ってことで 私が2時間も練習していると
「ヒョウが降るから ヤメロ~」
などと言われるくらいでした(汗)

なぜ練習が嫌いだったのか?
それを語り出すと 長くなりすぎるので今日は止めておきますが
とにかく ピアノに向かってひたすら練習するのは嫌いでした。
弾くことは好きなのに 完成までの過程がキライ!

だからどうするか・・・?
とにかく 部分ごとに完成させていくのです。

例えば 1ページの曲でも 必ず区切りをつけて
部分ごとに練習します。
レッスンでは かならず区切りを付けるようにして
たくさんの部分を作ってあげます。
その中で よくあることですが 同じ部分も出てくるので
練習しなくていい部分もあることになります。

一部分だけでも弾けるようになると 嬉しいので
次の部分をやってみようと思えます。

極端な話ですが 難しい時には1小節以下の
2拍分、3拍分だけの練習もします。

全部を早く弾けるようになりたいと 気持ちがどんなに焦っても
指が付いて来ないことには弾けません。
だから、二言目言っていることばは「急がば回れ」です。

遠回りの様に思えても れんがを一つ一つ積み上げるように
部分部分を積み上げて行けば
必ず完成形が 見えてくるってことです。

それは 私が40ページもある大曲を仕上げる時も
ビギナーの生徒が 1ページの曲を仕上げる時も
同じことで、練習の基本中の基本です。

もちろん 正しい指使いと 音符を読むだけじゃない
正しい読譜も必須ですけどね。


それができたら 無敵です!! 
と 私は思います♪







ピアノの練習 基本の基本♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment