Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

インフルエンザA型にやられる(>_<)♪ その2)
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪
スタンウェイを買ってもらった( *´艸`)!?♪
4月入会の体験レッスン申込み受付はじめます♪
あけましておめでとうございます♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ばっかじゃないの??(ーー゛)♪ その3)


あ~あ、シリーズ3本目!

生徒のみなさん、保護者の皆さん
あ~あ、また美由紀せんせい吠えてるよ~くらいに思っててくださいね(^_^;)

これから、レッスンを受けたいな、と思われる方、
レッスンではとても優しいんですよ!ホントです!
現生徒が証言します!!←ホントに大丈夫か??
多分大丈夫でしょう~~~ね???


さて、先日のニュースで、小学校3年生から英語の勉強を始め、
5年生からはこれまた教科化するとの中教審からの答申があったとか。

もう、これまたばっかじゃないの??って思いました。
誤解のないように申しますと、
小3からの英語の授業も、小5から教科として学ぶことも
否定はしません。

でも、考えてもみてください。
英語を話せるようになるってどういうことでしょう?
まずは英語を話せる全世界の人とコミュニケーションが取れるようになります。

つまり、世界規模で自分の意見を発信したり、
人の発信したものを受け取ることができるようになり、
意見の交換をすることになりますが、
この時、必ずしも皆が自分と同じ意見と言うことはないのですから、
異なる意見も受け止めて、それに反論する必要も出てきます。

問題はここです。
現在の日本の教育の中に、意見の交換を、
冷静に論理的にできるようにするような教科はありますか?

日本では、まだまだ議論を避け、
皆が同じ意見になるようにまるく収まるようにしていく傾向が
とても大きいと思いますし、
違う意見を言うと、同調しないことは「嫌い」という感情で捉える人が
あまりにも多いと思います。
これで、どれだけ失敗したかわかりませんわ、ワタクシ・・・(^_^;)

物事が日本国内だけで収まるのであればなんとかなるかもしれません。
でも、これからの時代、英語が話せるようになったら、
あらゆる機会で世界を相手に、きちんと自分の頭で考え意見を発し、
異なる意見の相手と討論し、その議論で負けない思考力と
冷静な判断力を持つことが必要とされます。

そう考えると、いたずらに英語の早期教育をするよりも、
学校という集団の中で、「討論」という教科を設けるほうが
どんだけ合理的かと思うんですけどね。

英語教育の早期化って、
「英語を話せるようにさえなれば、日本の国力が上がる」
みたいに考えちゃう英語の話せない人の机上の空論じゃないの?
って私なんて思っちゃいます。

はっきり言って、言葉なんてあとからいくらでも付いてきます。
18歳まで英語が話せなかった私が言うんだから、けっこう説得力ない?

日本語でさえ発信できないことが、
英語になったからって発信できるって考えるのはまったく無謀!

英語の早期教育を言う前にもっともっとやることがあるんじゃないの?
ほ~んとに、もう~
ばっかじゃないの???









ばっかじゃないの??(ーー゛)♪ その3)に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment