Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

新型コロナと生きる♪
オンラインピアノレッスン1st step♪
命の選別 イギリスNHSの場合
コロナウィルス感染が疑わしいと思ったら・・♪
バイリンガルピアノレッスン♪春の体験レッスンの受付を開始いたします♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

音楽の品格♪


新聞の訃報コラムでこの言葉が目に入りハッとしました。


「品格のない音楽は最低」

9月に99歳で亡くなられたチェリスト、青木十良さんの言葉です。

教え子には常に
「力ずくでは芸術の門は開かない。
 音楽に最も大切なのは気品だ。」
と、繰り返し語られたそうです。


ふわりと浮き、ソーダ水のようにシュワッとはじける無重力の音。
自然に脱力し、楽器本来の響きを解き放つ奏法が、
本場の名手たちにも驚きを与えたそうです。


音楽の品格とは何ぞや?と訊かれても、
ひと言で答えることはできないのですが、
多分、音楽に語らせる ことも
品格のある音楽を創るための最低条件ではないだろうかと私は考えます。


芸術とはそれは深く広いもので、
その壮大さと神々しさに圧倒されつつも、
その一端に触れられているという歓びも大きいものです。

多分、一生無理だとは思うけれども、
少しでも品格のある音楽に近づけるよう、
粛々と練習を重ねて行きたいと思っています。





音楽の品格♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment