Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

悩める季節♪


ここ数日は、毎日気持ちの良い日が続いていましたね~♪
関東では10月末から11月初めが衣替えの季節になるように感じます。
洗濯日和が続いたので、助かります。


さてさて、衣替えと同時進行でやっているのが、
来年の発表会に向けての曲決めです。
大人の方や忙しい中学生以上はとっくに曲が決まっているのですが、
小学生以下の生徒の曲決めに入りました。

例年のことですが、この曲決めは本当に私にとっては最大の課題です。
時には、「この子にはこれ!!」と直感的に曲をすぐに選べることもあるのですが、
残念ながらそういうケースはあまり多くはありません(-_-)

来年の発表会は3月14日のホワイトデーなのですが、
この日程も実は微妙なんです。
(抽選で週末に日程が取れたことだけで奇跡的なので、文句は言えませんが。)
年明けは5日からレッスンがはじまりますが、
ここから発表会までは2か月と9日。
小学校中学年以上の子たちには、3か月くらいで仕上げられる曲を与えたいので、
時間的にもちょっと中途半端だし・・・

小学校低学年以下の子でも、発表会経験者の子には、
やはり年末前に曲をあげたいし・・・
となると、やはり今月中にはある程度の曲は決めておかなきゃ!

何が大変って、やっぱりそれぞれの子の伸びしろを見極めることです。
今年も、ちょっと無理かな?と思うような曲を与えた子たちが、
それぞれとても頑張って、ものすごく成長しました。

最近、やる気スイッチのはいった子の伸びしろは、
実際どのくらいになるのか、もう少し見極めないとわからないので、
数曲候補曲を選ぶ必要もあります。

いずれにせよ、曲決めは正直言って産みの苦しみです。
でも、ここでしっかり決めて曲を渡し、それぞれ頑張って練習し、
舞台で発表してくれる姿を観られることが、
その苦しみの代償だと思えば頑張れます!

今は、何をしていてもいろんな曲が頭の中をぐるぐるしていて、
暇さえあれば楽譜とにらめっこです。
悩みで食欲が減退でもしてくれればいいんですが、それは無いんだなあ~

悩める季節、もう少し続きそうです♪








悩める季節♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment