Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ばっかじゃないの??(ーー゛)♪ その2)


これをシリーズにしていいのか?
と、ほんのすこ~しだけ迷いましたが(ホントです!)
まあ、もうはじめちゃったしね(^_^;)

「先生のブログ、営業の割には辛口ですよ~」
ってそれじゃなくても言われてるのに、すでに激辛になっちゃいました。

の続きです。

その後、道徳を教科にして評価をするらしいことが明らかになり、
怒りを通り越して、呆れ果てました。

今現在イジメが起こっていることに
全く気づいていない学校の教師にその評価が実際できるんでしょうか??

正直、小学校の担任教師が気づかないのは、
はっきり言って怠慢だと思います。
教科担任じゃなくて、1日中一緒にいるんですから、
全くわからないなんてあまりにも無神経過ぎます。

でも、実際のところ中学校の先生にはわからないと思います。
と言うか、「わからない」と断言できるかも知れません。
先生方を擁護するわけではありませんが、
実際のところ、いじめている子ども達のほうが先生方より
一枚も二枚も上手です。

ひと昔前のいわゆる不良と言われる子たちがカツアゲなどをするような
解りやすいイジメはほとんど姿を潜め、
今では、先生には絶対にわからないように上手に隠してイジメます。
最近、LINEの乗っ取りが問題になりましたが、
そんなことは以前からよくありました。

こんなことを言うと元も子もないだろうとは思いつつも、
結局、この世の中からイジメが無くなることはないということを前提に、
いじめられた時にどう対処すべきかを
具体的に教えたほうが現実的だろうと私は考えます。

子どもの時にいじめられたこともなく、
一流の教育を受け、一流企業に就職した後に
上司からのパワハラで病気になって退職、
なんて話も少なくありません。

社会に進めば、現実に生活に直結するシビアなイジメに出会うこともあるでしょう。
イジメではなくとも、誰もが順調に昇進するわけもありません。
そんな時に、どうその問題を捉え、立ち向かうべきか?
どう心の整理をつけるか?
そんなことを具体的に考える方法を教えたもらえたほうが、
私だったら嬉しいですけどね。

イジメは日本だけの問題ではなく、
諸外国でも大きな問題にになっており、
それぞれの国でさまざまな取り組みがあります。
もっと具体的で実践的で、確かな効果を上げいるものから
学ぼうと思わないんですかね?

しつこく言わせてもらいますけど、
道徳の教科化なんて意味ないから!!

ほ~んと
ばっかじゃないの??(ーー゛)













ばっかじゃないの??(ーー゛)♪ その2)に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment