Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

急がばまわれ!!♪


ここ数日、ぐんと気温が下がって過ごしやすいですね^^
でも、洗濯物がなかなか乾かないのは悩みのタネ(><)
このまま9月もこの気温なら嬉しいんですけどね。


さて、今日は久しぶりにピアノの先生らしい記事です!
エッヘン!! (←なんで威張ってるのかわかりませんけど~)

ピアノを弾くということ
それは、とてもたいへんなことです。
とくに、大人の初心者の方にとっては!

まず、指の動きですが、
最近はキーボードをたたいている方が多いので、
以外と指の上下の運動はできる方が多いのですが、
PCの軽いキーボードとは違い、
ピアノの場合は更に1cm指を下ろさないと音が出ません。
おまけに、それなりに重さもあるので軽くおろしただけでは
音が出ないのです。
すなわち、打鍵ですね。
打つってほどでもなくとも、それなりに力のいる作業です。

実は、この指をおろすという動作に関しては、
脳内のシナプスが繋がるのは、8~9才くらいまでと言われているそうです。
ですから、大人になって初めてピアノを弾かれる方にとっては、
まずは指を動かすことからが大仕事になります。

また、ピアノは音符が読めないと弾けませんから、
音を読むという作業もはじめのうちは大変な苦労です。

でも、ご心配なく!
大人の方の大きな利点は、二つあります。
1、理解力がある
2、モチベーションが高い

何をしなくてはならないかを頭できちんと理解でき、
更に、出来るまでの練習をいとわないですからね。

とは言え、頭でわかっていても
なかなか上手くできない、というジレンマはありますよね。

それでも、急がばまわれ!
やるべきことを地道に粛々と積み重ねることでしか
得られないことで、残念ながら近道はありません。

いつもしつこいですが、これにつきます。
千里の道も一歩から 


   




急がばまわれ!!♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment