Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

2月9日(>_<)♪
体験レッスンをご希望の方へ♪
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪ その2)
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪
スタンウェイを買ってもらった( *´艸`)!?♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

大学生は英語で学べ?♪


今日は朝からどんより↓↓
明日からは雨の予報です(><)
でも、大丈夫!!
昨日のうちに大物はすっかりお洗濯しましたから、
3日くらいはなんとか持ち応えられる・・・・はず!


さて、今日は少し真面目に英語の話です。
先にお断りしておきますが、私は研究者ではないので、
ここに書くにはあくまで私の個人的な経験に基づく感想です^^;


今朝の新聞に「大学生は英語で学べ」
〇か×か、という記事がありました。

・「英語の授業」は必要か
・大学の力を向上させるか
・即戦力が育つのか

この辺を踏まえて、〇という秋田の国際教養大学学長 鈴木さんと
×という英語教育研究者 寺島さんのお二人の意見が載っていました。

で、私の意見はと言うと、経験上は×であり〇である
としか言いようがないんです。

寺島さんのおっしゃる「深い思考奪い、創造の芽摘む」
に大大賛成!
でも、鈴木さんのおっしゃる「翻訳文化では生き残れない」
も、その通りだと頷くしかないんですね。

私がいつも言ったり書いたりしている
「日本語で話せないことが英語で話せるわけがない。
 だから、日本語をきちんと学ぶことが大事」
ということはつまり、その昔、通訳の仕事をしていた時に
「バイリンギャルはいらない!」
と、担当者に言われたことに通じていると思います。

でも、英語を話す時には「英語脳が必要!」
と、いつも言っていることも事実で、
確かに、言葉と概念の微妙なズレが
大きな亀裂とならないとも限らないところが
難しいところだと思います。

「大学生は英語で学べ」は少々乱暴じゃないですかね?
多分、
「英語で学ぶにふさわしい知識と教養を
 すでに身に付けている」
という前置きを付けるべきじゃないかな(?_?)





大学生は英語で学べ?♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment