Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

「そんなんでいいと思ってんの~~~!???」^^; ♪


いきなり8月かと思っちゃうような気温が続きましたね(><)
北海道の気温のほうが、九州より高いなんて!!
道産子のみなさま、お見舞い申し上げます!!
千葉も気温がぐんぐん上がりましたが、朝晩は涼しくて
まさに北海道の8月って感じでしたね。
今日は、雲も出てだいぶ落ち着いてきたし、
あさってあたりからはまた雨だそうで、そろそろ梅雨入りでしょうか?


さて、今日の記事のタイトル、ちょっと怒ってる感じがしますが、
決して怒っているわけではないのです。

今年の3月の発表会では、スタッフを含め札幌組が4名いたのですが、
その中の若者組で盛り上がっていたのが、この言葉でした 。

私のレッスンの一番の「胆」と言えるところは、
生徒の持っている力を最大限に引き出す、ということです。

初めてロンドンでレッスンに行ったとき、先生に
「とてもよく弾けたね。だけど、ミユキはどう思う?」
と訊かれて、正直答えに窮したことを思い出します。

「どう思う?」なんて日本のレッスンではただの一度も訊かれたことはありません。
レッスンでは、ただただ先生に言われたことを言われたとおりに弾くのに
精一杯で、それがレッスンというものだと信じて疑いませんでした。
ところが、ロンドンでは違いました。
もちろん先生によっても違うのかもしれません。
でも、私が教えていただいた3人のメインの先生も、
ワンレッスンで教えていただいたほかの先生からも、
いつも意見を求められ、言われたのです。

「ピアノを弾くのは、私じゃない。ミユキだろう?
 ミユキが納得できる音楽を作らなくちゃいけないよ。」

考えてみれば、当たり前のことです。
だから、私も生徒が自分で納得できる演奏をしてもらいたいので、
生徒にはいつも考えてもらいます。
ある意味「丸投げレッスン」なので、教えてもらっていないから、
レッスンじゃないと思う方もいるかも知れませんね。

はっきり言って、こう弾いて、ああ弾いてと言う方が楽です。
でも、それじゃあ意味がないと私は思うのです。
教えてもらってだた弾くだけじゃ、メッキと同じです。
練習した曲を弾くだけなら、上手にできるかも知れないけれど、
本当に自らやっているのでなければ、応用ができないのです。

自分で必死に考えて、試行錯誤しながら悩んで葛藤するからこそ、
自分の血となり身となる演奏ができるようになるのです。

もちろん、身体の使い方、脱力の仕方、打鍵の仕方、
フレージングの基本、そういうことは教えます。
でも、音楽的なことは教えない。
教えたくない。
音楽を歌うのは私じゃないから。

いろんな選択肢を示したり、可能性を一緒に考えます。
でも、最後に決めるのは演奏する人。

だから、おかしいぞ~と私が思ったときには、
「そんなんでいいと思ってんの~~?
 ちゃんと、考えてるの?ちゃんと聴いてんの?
 なんでそうなるか言ってみてよ!」
って問い詰めちゃうんですよね~^^;

特に、音楽の道に進みたいと意思表示をした子には、
めっちゃ厳しかったです。
「すっげー怖かった」って言われました^^
本当はとっても優しいんですけど・・・

でもね、音楽の仕事って本当に厳しく大変なんです。
普通の仕事と違って、
一般の大学に通う学生(理系以外)の数十倍も練習して努力していても、
大学出たら就職してお給料がもらえるっていう
そんな簡単な世界じゃない。
だからこそ、厳しかったんですが、
「先生に習ってて良かった」と言ってくれたから結果オーライかな^^

日本では、何かと受け身でいることが良しとされる傾向にあり、
国民性もあって、自主的に表現することへの抵抗もあるのも確かでしょうが、
私のレッスンではそんなこと許されません!!
だから、言っちゃうんですよね。。

「そんなんでいいと思ってんの~~!????」
"Are you absolutely sure you want to play like that?"

最近は、もっとやさし~く言ってますよ^^
「う~~ん。。。それでいいのかな?」

でも、昔の生徒だったら「そんな優しい先生、気持ち悪い!」
って言われちゃうかも( *´艸`)









「そんなんでいいと思ってんの~~~!???」^^; ♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment