Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ピアノ上達法♪


I AM back!!
復活しました~って、もうすでに記事にもしているのにしつこいですが・・・
今回は本当に長引いた風邪だったのと、
GWがぐだぐだウィークになって、何もしなかった反動で、
なんだかすっごく動き回りたい気分です!

さて・・・・今日の記事「ピアノ上達法」に食いついた皆さん!
最初にお断りしておきますが、内容にはきっとがっかりすると思います^^;

「復活\(^o^)/」の記事の中で、
「ピアノの練習ができるほど元気になりました!」
と書きました。

元来、私は練習好きではありません。
これまで練習をしてきたのは、
練習せざるを得ない状況にあったため練習してきた、
というのが真実に近いところです。
まあ、もちろん音楽もピアノも大好きですが、
特に練習が好き、とは言えません。

そのため、いつもいつも考えていることは、
如何に人より少ない練習時間で、
人より早く上達するか?ということばかりでした。
上手い言葉で言っちゃうと、時短?エコ?って言いすぎかな。

そんなこんなで長い間やってきましたが、
もちろん「練習が楽しい~!」と思って、
時間を忘れて練習することもあるんですよ。

それは、自分が好きな曲を練習しているとき。
意外に思われるかも知れませんが、
自分の好きな曲ばかり弾いているピアニストなんて、
この世の中にはほんの一握りのピアニストです。

伴奏ピアニストは、クライアントの要望の曲を弾きますし、
著名なピアニストだって、そのプログラムに合わせた曲を
弾くように言われます。

私も、リサイタルではだいたい自分の好きな曲を入れますが、
時には、この曲を入れるようにという条件があることもありました。

ですから、自分で好きな曲をただただ練習っていうのも、
実際のところ、機会としては今まではとても少なかったのですが、
今は、好きな曲だけ練習しています!!
だから、楽しい^^

好きな曲だから弾けるようになりたい→どんどん練習する→どんどん上達する

まあ、言ってみれば単純な仕組みですが、
好きな曲を自由に弾けるところまで到達するには、
それなりの長年の地道な努力も必要ですが、
発表会の時には、なるべくこのセオリーで頑張ってもらっています。

進度と実力はまた別物ですから、
生徒の成長の伸びしろの検討をつけ、性格などもよ~く吟味して、
曲を選ぶところが一番大変なところなのですが、
それでも、その1曲を乗り越えた時に、
個人差はありますが、それぞれの生徒たちに成長があり、
その後のレッスンでの取り組み方も全然違ってきます。 

ピアノが好きだったら、上達します。
あまりにも当たり前のことですが、
やっぱり「好きこそものの上手なれ」ですね^^











ピアノ上達法♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment