Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

恐るべし(><)サハラ砂漠♪


先日訪れた時には、数輪しか咲いていなかった桜ですが、
昨日行ったらもう満開になっていました!!!

















途中、仲良しのわんこ友達に会うと、
「いつも会うところとは反対側のほうもきれいよ!」
と教えてくれたのでまわってみたら、
白い桜が多くて、こちらもきれい!












桜の密集度はこっちのほうが高いかな?













で、何が恐るべしサハラ砂漠って、全然タイトルと違う
桜の話がおおくてスイマセン<m(__)m>


実は、昨日仕事でイギリスに行ってる家族から、
濃霧のためヒースローからの帰国便がだいぶ遅れてるという
電話があったのですが、
その後、その「濃霧」ってのが
結局はサハラ砂漠の砂嵐が原因だったということがわかったからなんです!!

私が中学生だった70年代(笑)
確かに英語の教科書にはロンドンの濃霧を題材にして、
外に出ると伸ばした腕の指の先が見えない、なんて話もありました。
でも、それはガンガン石炭を焚いていた時代の話で、
今や、煙の出る石炭は禁止ですし、
濃霧で飛行機が飛ばないなんて、しばらく聞いたこともありませんでした。
(だいたい、ロンドンの街頭は霧対策でオレンジだし・・・)

でも、今回はいわゆる「霧」じゃなくて、
なんと「砂」が欧州全体に影響を及ぼしたようです(><)

確かにサハラ砂漠は、地図で見ても欧州全土に匹敵する大きさなので、
日本では中国からの黄砂の影響があるように、
欧州ではサハラ砂漠からの影響があるんですね。

そう言えば、数年前にはアイスランドかどこかの火山が爆発して、
その火山灰の影響でしばらく飛行機が飛ばなくなったこともありましたね。

自然の脅威には勝てません。
恐るべし(><)サハラ砂漠!!





恐るべし(><)サハラ砂漠♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment