Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

伸びやかに♪しなやかに♪

 
今日は、久しぶりに少し雨が降るそうですよ!
昨日来た小学生のお隣のクラスが、
インフルエンザのため学級閉鎖になったとか・・・
カラカラに乾燥した、ウィルスが好むお天気が続いていましたから、
恵の雨とはなるでしょうか?
 
 
さて、これまで教えてきた生徒たち♪
当然のことながら、一人一人が個性豊かです。
そう言う私も、十分個性的だと自覚しています(笑)
 
レッスンでは、一人一人の個性を大事にすることで、
生徒を伸びやかに成長させることができると考えています。
と同時に、自分自身がしなやかさを持って、
生徒のいろいろな個性と向き合い、型にはまらない指導をすることで、
指導法のたくさんの引き出しができます。
 
そういう意味で、「教即学」
まさに、教えることで学んできたと生徒たちに感謝しています。
 
でも、実は「しなやかさ」って言うとかっこいいけど、
ある意味アバウトさかなあ~とも思ってます。
私の目標は、生徒一人一人が自分で考えて音楽を作って行けるようになること。
ずっと、先生に教えてもらうのではなく、アドバイザーと思ってもらいたい。
だから、あんまり細かいところはいじらないようにしています。
 
あんまり細かくやりすぎると、本当に音楽がちっちゃくなっちゃうんです。
窮屈そうに演奏するのってあんまり好きじゃないんだな。
 
例えば、ベルサイユ宮殿のしっかり人の手で刈り込まれた
シンメトリーな美しい庭というよりは、
考えつくされているけれども、より自然の姿に近い
イングリッシュガーデンのような趣を持った音楽を目指しています♪
子どもだったら、自然農法みたいな雑草と共存する野菜みたいな、ね。
分かってもらえるかなあ~?
 
どの年代の方も、自分の中にある音楽が素直に音楽に
もれなく乗って行けるように指導していけたらな、とまだまだ修行中です!
 
 

伸びやかに♪しなやかに♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment