Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

努力ではどうしようもないこともある♪

 
朝は晴れていたので洗濯物を干したのに、
いきなり暗くなってざ~~~っと来ました(><)
でも関東地方、しばらく本当に乾燥し切っていましたから、
このお湿りは人にも自然にも必要だったかも・・・
 
 
さて、今日は「努力ではどうしようもないこともある」
ということについて、考えてみたいと思います。
実際のところ、私が「努力」について書く資格があるかどうかは
うんと高い棚の上に置いておいて・・・(笑)
 
よく「〇〇さんは努力家ね。」とか、
「△△さんは本当にいつも頑張っているわね。」
と褒めることがありますよね。
私も普段はぐうたらな能天気人間ですが、
それでもこれまでの人生の中、
数度(多分指折って数えられる程度)は、
自分でもものすごく努力した頑張ったと胸を張って言えることがあり、
それに対する評価も高く、自信につながった事があります。
 
でも、実際のところは努力だけではどうしようもないこともあります。
例えば・・・
なかなか結婚相手が見つからない。
なかなか子どもが授からない。
なかなか希望の大学に合格できない。
なかなかコンクールに入賞できない。
挙げて行ったらきりがないほどの事柄がありますが、
私は、「タイミング」「体質」「運」「才能」など、
ある意味「持ってる」ものも必要な時があると思うのです。
 
でも、だからと言って落ち込む必要はありません。
 
「努力できる」ということは、最大の才能の一つです。
自分が納得できるほど努力して、それでも結果が伴わなかったとしても、
その努力の過程で得た多くのことが自分を成長させてくれるはずです。
 
結果が伴わなくとも自分を責めず、卑屈にならず、
結果を受け入れ、いい意味で開き直ることができればいいんじゃないでしょうか?
 
 
 
 

努力ではどうしようもないこともある♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment