Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

体験レッスンのお申し込みをありがとうございます♪
春休み♪
発表会無事終了(^^♪
ブレグジット狂騒曲(一一")♪
スキ キライ 向き 不向き( *´艸`)♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

やっぱそうなる・・・?!指使いの不思議♪

 
秋が来たと思ったら、
すでに日本列島には冬将軍がやってきましたね(><)
札幌のお友達は、タイヤは冬用に換えて準備万端だけど、
雪道の運転は嫌だなあ~ってボヤいてます。
 
朝晩の冷え込みは相当ですが、
昨日会った犬友達の方は、
「富士山がと~ってもきれいに見えたわよ~
 もう、上は真っ白よ!」
と、言ってました。
きっと、海までお散歩したらきれいに見えたんでしょうね。
 
 
さてさて、この指使いの不思議・・・・
 
指使いについては、以前にも書いていますが、
私は、導入の生徒さん以外には、
自分に合った指使いで弾くように、よく言います。
そして、とにかく弾きにくいところは特に、
まずは鉛筆で書き入れるように指導しています。
 
先日の記事で、ちょっと手のかかる曲に取り組み始めたことを書きました。
手のかかる曲っていうのは、まずは譜読みが面倒→
楽譜が複雑→指使いが大事、ということになります。
譜読みの遅いワタクシですが、それでもほぼ毎日コツコツと
(うわ~コツコツなんで久しぶりに自分に使った言葉!)
譜読みをしていく上で、もちろん指使いも書き入れています。
 
もちろん、ある程度のテンポで弾いて手の中に納まる指使いを
鉛筆で書き入れていますが、
翌日、復習すると、また指使いを替えるということを繰り返しています。
 
その時は、ベストと思っていたのに、
やはり一晩寝ると違ったりするんですよね。
 
でも、大丈夫!!(^^)
鉛筆で書き入れてますから、消しゴムで消して、
新たな指使いをまた鉛筆で書き入れます!
 
音楽は生きていますから、とても流動的だと思います。
体調如何によって、テンポが変わったり、音質が変わったり、
生きている人間が奏でるんですから、
機械の様にいつも同じとは行きませんね。
 
有りえない!というような指使いに、
時には挑戦してみるのも、結構面白いです。
自分で壁や限界を作らないで、
練習時にはいろいろやってみると、更に可能性が広がりますよ!
 
生徒たちも、練習してくうえでやっぱりこっちの指使いに替えよう!
ということも、よくあります。
音楽的な効果を考えると、この指のほうがいいよね、
っていうこともありますし、本当に指使いって不思議です。
 
 

やっぱそうなる・・・?!指使いの不思議♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment