Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

Trinity Laban alumni in Japan の皆さまへ

 
Trinity Laban の同窓生の皆さま
 
同窓会オフィスのLucy からのメールが無事に届いていらっしゃる方は、
こちらまでたどり着いているかと思います。
 
初めまして。
ウィリアムス美由紀と申します。
'83年の卒業生ですので、多分最近の卒業生の方とは、
親子ほど年が離れているかもしれませんが、
気持ちは若いですよ^^
 
今年の夏、30年ぶりで新しくグリニッジに移転した母校を訪ねた際、
同窓会の話にもなり、今回このようは運びとなりました。
特に、私の場合は高校を卒業後すぐに渡英しましたので、
日本には大学の同窓生は何人かはいますが、
実際、同窓会というものはありません。
 
日本の大学の方たちの同窓生でのコンサートやイベントを見聞きして、
羨ましいなあと思っていました。
Laban School と合併して新しい大学になった今、
母校のさらなる発展を願って、是非日本に同窓会を発足させたいと思い、
その旗振り役として、手を挙げさせてもらいました。
 
私が把握している日本にいる卒業生は、ほんの数名です。
特に、私たちの時代にはインターネットなど存在しなかったので、
全ては郵便や電話といったのアナログ通信のみでしたので、
一度連絡を怠ると、そこでアウト。
また、多分結婚されて名前が変わったりしていると、
今ググっても、検索できないことも多いのは事実です。
 
それでも、これまで100名以上の日本人学生が学んだ学校ですので、
なんとか同窓会組織を発足させたいと願っています。
そして、ゆくゆくは卒業生で何かのイベントをするなり、
何らかの協力関係を作ったりてきたらいいな、と考えています。
 
私の専門はピアノですが、小さいころはクラシックバレエもしていて、
ロンドン在住中は、毎年必ずヌレエフシーズンを観に行っていました。
Labanはどちらかと言うと、モダンダンス系なのでしょうか?
でも、モダンダンスも大好きですし、
札幌では、札幌のバレエ団とピアノで2度ほど共演したこともあります。
一回は、「ラプソディーインブルー」を札幌交響楽団を演奏、
ダンサーの方たちに、舞台に上げて頂いてごあいさつしたことに
感激しました!
 
Trinity 訪問は、3回に分けて書いていますので、
第一回目からお読みくださいませ♪
 
 
同窓生の皆さまからのご連絡をお待ちしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Trinity Laban alumni in Japan の皆さまへに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment