Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

2月9日(>_<)♪
体験レッスンをご希望の方へ♪
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪ その2)
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪
スタンウェイを買ってもらった( *´艸`)!?♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

イギリス☆運河の旅♪

 
夏休み、いかがお過ごしでしょうか?
日本は、相変わらず暑そうですね。
先日から、イギリスに来ています。
数年ぶりに、成田からの直行便でヒースローに到着。
ターミナル2は工事中で使われていないようですが、
今やヒースロー空港はターミナル5まである、
一大ハブ空港になってきているようです。
 
入管職員のやる気のなさそうな感じ、
税関のダルダルとした感じなど、
こういうところで、イギリスを実感します^^;
 
空港から友人宅までの間に寄ったパブでは、
久しぶりにドラフト(生)のエール(イギリスのビール)を堪能。
パブの芝生の庭で飲むビターは格別です^^
 
昨日は、友達の友達の住んでいる、ボートハウス「ナロウボート」で、
2時間ほど運河を上ってパブでランチ。
画像をアップできないのが残念ですが、
日本に帰ったら、頑張ってアップしますね。
百聞は一見にしかず。
画像で見ると一目瞭然、なぜナロウボートと言うのか、とかね。
ナロウ"narrow"は「狭い」という意味ですが、
その名の通り、長さは20メートル以上あると思いますが、
幅は、たぶん3メートルもないかも知れません。
でも、その中にベッドルーム、シャワールームにトイレ、
キッチンもあり、首都圏のワンルームに比べたら、
全然広さもあって住みやすいと思います。
ロンドンなのに、マリーナは自然に囲まれた場所で、
まるっきり田舎にきたように感じました。
 
あまり知られていませんが、
イギリス中に運河が巡らされていて、
旅をすることができます。
昔、ピアノを教えていたフランス人のファミリーも、
一度運河の旅をしていました。
夫は、ボートハウスに住んでいた友達の家にはよく遊びに行っていたそうですが、
実際に動いているボートハウスに乗るのは初めてだったそうです。
 
その存在は知られていても、
なかなか実際にボートハウスで旅をする人は多くないかもしれません。
イギリス中に運河があるといことも、
実はイギリス人でもあまり知らない人がいると思います。
たのしい旅をさせてもらいました。
 
今日は、買い物に行きがてら、
新しくなった、サッカー(フットボール)の聖地、
ウェンブリースタジアムの周りを、ぐるっと回ってきました。
こっちも画像があるんですけど、アップするのはまた次の機会にします。
駅も新しくなり、別の路線でも新しい駅ができていたりして、
駅の周りはすっかり変わっていました。
 
ちなみに、昨日のボートの旅ではさすがにちょっと寒かったですが、
今日は、気温が23~4℃くらいでしょうか。
PCを庭のテラスに持ってきて、外でこの記事を書いています。
う~ん、天国!
 
 

イギリス☆運河の旅♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment