Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

2月9日(>_<)♪
体験レッスンをご希望の方へ♪
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪ その2)
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪
スタンウェイを買ってもらった( *´艸`)!?♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

アマチュアピアニストのジレンマ♪

 
7月になりました!
ということは、2013年の半分がもう終わってしまったということ。
なんだか、毎日が速いです!
 
 
さて、私のところには熱心なアマチュアピアニストの方がレッスンに
来てくださっています。
ピアノがメインの方も、ほかの楽器もたしなんでいる方もいますが、
いずれにせよ、どの方もとても音楽的な方たちばかりです。
 
音楽が大好きな方たちですので、
自分の演奏する曲に関しても、とても研究熱心で、
こんな風に弾きたい!という思いに溢れています♪
ところが、とても残念なことにそれを表現するための技術が、
ひまひとつ足りないことが多く、
それがアマチュアピアニストのジレンマだと思います。
 
でも、ピアノを専門に勉強していて、毎日3時間5時間という練習を積んできた人と、
趣味のピアノで、30分から1時間くらいの練習をしてきた方とでは、
単純に考えても、練習時間も積み上げてきたレパートリーも、
全く違うのは当然ですから、技術的に足りないのは当然だとおもいます。
 
しかしながら、実際のところ、音楽を専門にやってきた人たちに比べて、
アマチュアの方が、音楽性で劣っているということは全くありません。
私がこちらに来てから、ある有名音大の大学院生の演奏を聴く機会がありました。
失礼ながら、皆さん素晴らしく指が回っていましたが、
私のところにレッスンに来て下さっているアマチュアピアニストの皆さんのほうが、
技術的には足りなくても、よほど音楽的で心に響く演奏ができていると、
実感しました。
 
もちろん、演奏するための最低限の技術を身に付けるための練習も、
それぞれありますし、
上手に聴こえるための裏ワザもいろいろさまざまです。
 
詳しくは、また次の記事に続けますね♪
 
 
 
 
 

アマチュアピアニストのジレンマ♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment