Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

全国学力調査 英語を話す力をどう測るのか?((+_+))♪
嗚呼( ゚Д゚)ノートルダム( ゚Д゚)♪
私がPTAとかかわったころ♪
沖縄で宝島を読んだ♪
新年度♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

はじめての壁(><)♪

 
昨年、ほとんどビギナーとしてピアノをはじめた子たちが、
このところ、立て続けに初めての壁にぶち当たっているようです(><)
 
去年は、音符を読むところ、指を一本一本動かすところからはじめて、
この1年でそれぞれとっても上手になって、発表会も経験しました。
発表会のためには、ふだんの練習で弾いている曲よりも数段難しい曲を、
3か月近くかけて仕上げました。
 
とっても力が付いたところで、バンバンザイと言いたいところですが、
普段の曲も結構難しくなってきて、
譜読みをするだけでも、ぐんと難しくなってきましたし、
曲も長くなってきました。
 
ということで、当然ですがなかなか思うようにすぐには弾けなくなったことが、
子どもたちにとっては大事件!
 
そうですよね~
発表会では、それぞれあんなに難しい曲を弾けたのに、
どうして、こんな簡単な曲がすぐに弾けないの?って思うよね。
 
でも、思い出してみて!
発表会の曲は、どんな風に練習したかな?
まずは、少し区切ったよね。
一度に全部はできないから、4小節くらいずつにしたんじゃなかった?
それから、まずは右手を譜読みして、右手だけが上手に弾けるようになるまで、
たくさん練習したよね?
そして、今度は左手の譜読みをして、左手だけもたくさん練習したね。
 
片手ずつが上手に弾けるようになって、初めて、
ゆっくり両手で弾いてみたんじゃなかった?
もちろん、片手で弾ける速さじゃ弾けないから、ゆっくりゆっくり練習したでしょう?
 
すぐには速く弾けっこないから、毎日お年の数だけ練習しようって言ったよね。
先生なんて、大変だよ!
5回とか6回とか7回じゃなくて、何十回もしなくちゃならないんだから!
 
そうやって、毎日練習を積み重ねたから、あんなに難しい発表会の曲を
弾けるようになったんだよね♪
 
 
残念ながら、あっという間にピアノが上手になる魔法はないので、
私は、あんまり忙しくない小学生までのうちに、
きちんと練習を積み重ねて欲しいな~と思っているのですが、
正直言って、反復練習は飽きちゃいますね。
でも、「あ~あ、つまんないな~」って思いながら練習を重ねると、
あ~ら不思議!
気が付いたら、弾けるようになっているのです!
 
壁にぶち当たっている子どもたちは、やっぱり少しイライラしちゃうし、
保護者の方はご心配ですね。
でも、心配ご無用!
 
いつでも、すんなり練習する子は、いないとは言いませんが、
圧倒的に少ないです。
必ず、こんな風に壁にぶち当たるのが普通です。
 
そう言えば、その昔、しばらく練習したくないからと、
「辞めるんじゃなくてお休みしたい」と言って、
2~3か月レッスンをお休みした子もいました。
 
でも、私は言いました。
「レッスンはお休みだけど、この時間は空いているから、
 お茶しに来てもいいよ~♪」って・・・
そしたら、しばらくして電話が来ました。
「先生、お茶しに行ってもいいですか?」
「もちろん!」
 
牛乳とビスケットとかで、おしゃべりしていたら、
発表会の話になって、その時はちょうど発表会の数か月前。
「先生、発表会って出てもいいの?」
と訊かれ、
「もちろん、出てくれるなら曲選ぶけど、練習しなくちゃならないよ?
 練習もう嫌なんじゃないの?」
との問いに、
「発表会出たいから練習する。」
ということになって、またピアノを再開したのでした。
メデタシメデタシ・・・
 
 
しばらくお休みした子も、ピアノはとっても好きだったのはわかっていました。
そして、今、壁にぶち当たっている子たちも、
ピアノが好きだということは、わかっているのです。
だから、大丈夫♪
みんな、譜読みも上達しているし、指もよく動いています。
確実に、力は付いているんですから、
それぞれの曲が確実に仕上がって、
楽しく演奏できるように、レッスンしたいと思っています♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はじめての壁(><)♪に対する2件のコメント:

コメントRSS
koba on 2013年7月8日 10:07
先生の粋な計らいで、その子は自分がピアノが好きだということに気付いたのでしょうね。現在高校3年生になり、美由紀先生にピアノを習ってよかった…と感じながら『今』に没頭している今日この頃でしょう。先生には技術だけではないたくさんのことを教わりました。また、何かに気付いてくれることと思います。
コメントに応答する
 
ウィリアムス美由紀 on 2013年7月8日 18:53
kobaさん、いえ~お母さん、初コメントありがとうございます^^ ピアノが好きだったから、戻ってきてくれたんですよね。 没頭できる好きなことがあるということ、それをサポートしてくれるご家族がいることは、本当に幸せなことですね!          次は、何に気づいてくれることでしょう!? 進学よりとりあえずは、コンクールでしょうね。 今年も全国金目指して頑張って欲しいです!

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment