Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

インフルエンザA型にやられる(>_<)♪ その2)
インフルエンザA型にやられる(>_<)♪
スタンウェイを買ってもらった( *´艸`)!?♪
4月入会の体験レッスン申込み受付はじめます♪
あけましておめでとうございます♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

サッチャー女史逝く♪

 
サッチャー元イギリス首相が亡くなりました。
何故、私が彼女のことを記事にするかと言うと、
それは、私が1979年、彼女が首相になった年にイギリスに行ったからです。
 
1979年春
イギリスでは、まずたった3つしかないテレビ局のうち、
日本のNHKにあたる、BBC1とBBC2が両方ともストライキ中でした(-_-)
観られるテレビは民法のITNのみ。
 
多くの炭鉱が閉鎖されるとのことで、
炭鉱夫たちのストライキもずっと続いていました。
未曽有の不景気にかつての大英帝国も斜陽の大国と陰口を叩かれ、
そんな中、「One in seven」つまり、
7人に一人が失業しているイギリスに私は渡ったのでした。
 
サッチャー女史は、仕事を得たければ
「Get on a bike」 「自転車に乗って探しに行け」と、
かつて、マリー・アントワネットが
「パンがないなら、ケーキを食べなさい。」
と、お腹を空かせた民衆に言い放ったように、
失業者に向けて言っていたことも、ずいぶんと怒りを買っていました。
 
正直言って、サッチャー女史の政策は嫌いでした。
特に、EU以外からの留学生に対する学費を3倍にしたのには、
本当に腹が立ちました。
でも、まああんまり腹が立ったから、一生懸命練習して、
いろいろ賞を取って、2年目には学費の3分の2を奨学金で賄えたのは、
まあ不幸中の幸い???
 
嫌いな政治家だったけれど、本当に有言実行の人でした。
まだ、映画は見ていないけれど、男社会のイギリスの政界で、
首相にまで上り詰めたんですから、並外れた才能の持ち主なのでしょう。
国会でのやり取り、辣腕ジャーナリストの鋭い質問もなんのその。
軽くいなして、必ず彼女が正しいという方向に持ってくその受け答えの巧みさ。
もう、感服するしかありません。
そういう点では、本当にスゴイ人だと思いました。
 
息子を溺愛し、その息子が結構危ない橋を渡ったりしていたのも、
デキル母との対比があったことも大きいのでしょうか?
 
8年後の1987年、私は帰国しましたが、
彼女は1991年まで首相の座に、3期務めあげました。
本当にスゴイ女性だと思います。
好きじゃないけれど、スゴイ人だったと思います。
 
最高に格の高い軍式の葬儀で送られるそうですが、
税金の無駄使いという非難も出ているようですね。
サッチャー女史を嫌いな人は嫌いで、
亡くなったことで喜んでパーティーをしている人たちもいますから(;一_一)
 
多分、これから歴史の教科書にも出てくるような政治家なんでしょう。
ご冥福をお祈りします。
 
追記 : この記事を読んだ長女から指摘があり、
彼女はもうすでに歴史の教科書に載っているそうです。
そっか~歴史なんですね。
なんか、すっごく年を取った感じがした(><)
 

サッチャー女史逝く♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment