Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

リハーサル(ゲネプロ)の必要性♪

 
発表会を二日後に控えて、私の準備もほぼ済んで、
(自分のピアノの練習以外)
ちょっとほっとしているところです^^
 
当日は、順番は本番通りではありませんが、
全員が通して弾くリハーサル(ゲネプロ)をします。
写真撮影もあるので、本番で弾く服を着てリハーサルをしますので、
ゲネプロを言っていいと思います。
私は、それが当たり前と思っていたのですが、
リハーサルがない発表会や、
リハーサルでは、さわりだけを弾いて、
場当たりみたいな感じだったりする発表会もあるようですね。
 
やはり、ステージで弾くということは、
日常と違うことなので、広い舞台にフルコンで弾いたらどんな響きになるのか、
リハーサルで経験するのはとても大切なことだと思います♪
それこそ、ピアノのタッチもペダルの深さも、音の出方も全然違いますからね。
 
ただ、リハーサルをするということは、時間的にも倍かかるということですから、
ホールを二区分(午前・午後または午後・夜間)借りることになると、
そこは、会費にも反映してしまうので、難しいところではあると思います。
 
いろいろな考え方があるとは思いますが、私は年に一度の発表会に、
しっかり準備をし、頑張って練習してきた成果を、
本番の舞台で出し切るためには、絶対にリハーサルが必要だと思っています。
 
最後のレッスンにあたるころには、レッスンの時間帯を少し重ねて、
お互いに弾きあいっこをしています。
ちょっと一人二人聴いている人が増えるだけで、
ものすご~く緊張するものなのですよね。
当日のホールでのリハーサルで、本番さながらの緊張感を味わっておけば、
きっと本番は、実力を発揮できるはず!と信じています。
 
 
あ~~~~・・・あとは、自分の練習だ(><)
本当に、一番練習していないのはきっと私です(-"-)
でも、頑張らなくっちゃ!
 
 
 
 
 

リハーサル(ゲネプロ)の必要性♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment