Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

布袋さんの英語♪

日本が誇るべきギタリストなんですよね、布袋さん。
今井美樹さんのご主人ですね。
 
私は、正直お名前くらいしか知りませんでしたが、
夕べBBC World を見ていたら、
昨年ロンドンに移住し、活動されている布袋さんのインタビューがありました。
wikiで調べたところ、もともとブリティッシュロックに影響を受け、
ロンドンのアビーロード近くにフラット(日本で言うマンション・アパート)を
お持ちだったとか・・
今のお住まいは、愛犬と川沿いをお散歩されている画面からは、
ロンドンの郊外のようだと勝手に想像しています。
しつけの行き届いた、美しいドーベルマンとのお散歩の場面でした。
 
映画「キル・ビル」の音楽などにも関わっている、
世界で活躍するギタリストと言っても過言ではないと思います。
昨日のインタビューでは、コンサートの様子も流れていましたが、
上手くてかっこいい!
そりゃあ~海外でも認められて当然でしょう!と思いました。
 
で、布袋さんは英語でインタビューを受けてらっしゃいました。
その英語ですが、すごく流暢ですごくうまい英語とは言えないものでした。
でも、彼は彼自身の言葉できちんと相手に伝えている。
人となりも現れている、とても素敵なインタビューだったと思いました。
 
日本では有名人、かつとても背が高いので、いつも目立ってしまうので、
日本では、目立たないように隠れるようにしていたのが窮屈だったと。
でも、ロンドンでは好きなチーズやさんやパブに行っても、
自由でいられる。
そんな風に答えてましたよ。
 
今朝のとくダネでは、なんとポール・マッカートニーが、
電車で歌っていても、誰も気が付かなかった、なんてことを言ってました。
ロンドンオリンピックで歌っていても、若い人はもうわからないんでしょうかね。
 
通訳をしているころ、「バイリンギャルはいらない」と言われました。
ペラペラしゃべれることが大事なのではなく、
言うべきことをきちんと伝えられることが大事だと言うことですね。
 
そういう意味では、布袋さんはロンドンでしっかり通じる英語を
身に付けてらっしゃるなあ~と感心しました。
もちろん、実力の裏付けのある自信みなぎる立ち振る舞いも、
言葉に力を持たせます。
 
こういう音楽面で、日本出身のミュージシャンが取り上げられることは、
本当に少ないので、素晴らしいことだなあ~と思った夜でした。
 

布袋さんの英語♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment