Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

体験レッスンのお申し込みをありがとうございます♪
春休み♪
発表会無事終了(^^♪
ブレグジット狂騒曲(一一")♪
スキ キライ 向き 不向き( *´艸`)♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

一番大事なピアノのテクニック♪

私がおもうところの一番大事なピアノのテクニックのひとつ、
それは、何と言っても「脱力」です。
これって弾いてない時のことなので、
何のことかと思われるかもしれませんが・・・
 
指をそれなりに動かして、鍵盤を押すと、
ピアノでは音を出すことができます。
それはそれは簡単に音が出ますから、
赤ちゃんが遊びで叩こうが、
ペットの犬や猫が鍵盤に触れたって音は出るのです。
でも、本当に美しい音で弾くためには、
確実に力を抜くポイントを知らなければ、
いい音は出せません。
 
昨年、千葉でピアノのお教室を再開してから、
数年ぶりにピアノの練習を始めた生徒さんも、
多くレッスンに来てくださっています。
そこで、とても気になったのが、
「脱力」を教えてもらっていない方の多さです。
いえ、もしかしたら教えてもらっていたけれども、
忘れているのかもしれません。
 
実際に鍵盤に指を置いて、そこから1センチ指を下げて音を出す、
という作業は、簡単なことではありません。
それを、左右10本の指でしなくてはならないのですから、
大変です。
指の使い方、手首の使い方、腕の使い方、
肘の場所、肩から指先までの使い方、
身体の使い方、足の置き方、
力が入って当然です。
だからこそ、脱力です。
一度、力をしっかり抜くからこそ、次の音へ向かえるのです。
 
脱力ができれば、自然なフレージングも楽にできます。
音楽に必要な呼吸が、自然にできるからです。
少しずつ、力の抜きどころをマスターして、
音楽が自然に流れ、どんどん上手になる生徒さんのレッスンをしていて、
ますますその思いを強くしています。
 
何をするにしても、脱力のポイントは重要です。
でも、私の場合はいつも脱力し過ぎているかも知れません(><)
ちょっと抜け過ぎなので、たまに力を入れると思いっきりずっこけます。
まあ、その失敗談はまた別記事で・・・
 
 
 

一番大事なピアノのテクニック♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment