Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

命の選別 イギリスNHSの場合
コロナウィルス感染が疑わしいと思ったら・・♪
バイリンガルピアノレッスン♪春の体験レッスンの受付を開始いたします♪
センター試験英語(^^;)♪
2019年が終わります♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

麻布高校野球部の練習の仕方♪

 
 
 
 
 
先日、朝の情報番組で、
 
たまたま麻布高校の野球部の練習法、
 
というか勝ち方についての特集があり、とても興味深く観ました。
 
 
 
麻布高校と言えば、日本一の進学校。
 
生徒の半分が東大に進むという高校ですね。
 
並みいる強豪校が、連日連夜練習しているところ、
 
週にたった3時間の練習で、東東京大会でベスト16に残るための、
 
ある意味方法論ですが、とても面白いものでした。
 
 
 
その中でも、
 
特に印象に残ったピアノの練習にも通じるものがありました。
 
 
 
番組の中で、この言葉は出てきませんでしたが、
 
結局は「イメージトレーニング」だと思います。
 
本当の強豪校になるためには、長時間練習も必要でしょうが、
 
ある程度のところまで行くのであれば、
 
一発勝負、ある意味博打的な試合運びで勝てるのでしょう。
 
 
 
ピアノの練習も同じで、
 
特に大人の生徒さんも含めて中学生以上には、
 
実際に練習していないときのイメージトレーニングを、
 
できるだけ欠かさないように伝えます。
 
例えば通学途中、
 
例えばつまらない授業中(これは本当はNGですが^^;)、
 
例えばお風呂の中で、頭の中で何度でも弾くことがとても大事です。
 
 
 
イメージトレーニングをするかしないかで、
 
その後の練習成果がどうなるかは、科学的・経験値の両方から、
 
実証済みです。
 
忙しくてなかなか練習時間が取れない方も、
 
イメージトレーニングを欠かさないことで練習時間も節約できます。
 
 
 
あ!でも、イメージトレーニングだけじゃなくて、
 
実際の練習も、多少は必要ですので、お忘れないように!
 

麻布高校野球部の練習の仕方♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment