Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

失敗(><)”エー”違い!

 
ピアノ学習中の方、先生方、
 
「エーの音」と言われたら、何の音でしょうか?
 
 
 
日本では、だいたい最初は「ド・レ・ミ・ファ・ソ」
 
とイタリア語で習いますよね。
 
でも、一昔前は(って大昔?)は、「ハ・ニ・ホ・ヘ・ト」
 
また、音楽教育の中ではまだ「ハ長調」「ヘ長調」という言い方も、
 
大いに健在だと思います。
 
 
 
でも、音楽を専門的に学習しようと思うと、
 
ドイツ語が出てきて、
 
「ツェー・デー・エー・エフ・ゲー」となります。
 
和音の聴き取りなど、「ドミソ」「シレソ」のうちは、ドレミでいいですが、
 
調音(音を取って書き取ること)などに入ると、
 
シャープやフラットが出てくると、面倒になるので、
 
シのフラットが「B(べー)」
 
ファのシャープが「Fis(フィス)」になる
 
ドイツ語のほうが、ずっと言いやすいですものね。
 
 
 
しか~し・・・・
 
私は、イギリスで音楽大学に行きましたので、
 
ドイツ語と同じ「CDEFG」でも、「シー・ディー・イー・エフ・ジー」
 
という発音で勉強してきました。
 
それで、ソの音の次のラの音は「A」
 
ドイツ語では「アー」
 
英語では「エー」
 
 
 
では、ドイツ語で「ミ」の音って何でしたっけ?
 
そうです!
 
「エー」
 
です。
 
 
 
イギリスから帰国したばかりの時にも、同じ失敗を良くしていたのですが、
 
昨日もやってしまいました(><)
 
第九の合唱練習で、
 
「エーの音ください。」
 
と、指揮者に言われ思わず「ラ」の音を弾く私^^;
 
弾いてから、はっと思って「ミ」の音に弾きなおしましたが、
 
それを、数回してしまいましたよ。
 
 
 
千葉に来てからは、英語でレッスンしていて、
 
英語で音符を言うことも多いのと、やっぱり年取ると、
 
瞬発的な反応が、若いころの反応になってしまうのかなあ~?
 
理由はともあれ、間違いは間違いです。
 
 
 
でも、失敗は成功の母♪
 
次回は絶対に間違わないよう、心していこうと思っています!
 
 
 

失敗(><)”エー”違い!に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment