Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

新型コロナと生きる♪
オンラインピアノレッスン1st step♪
命の選別 イギリスNHSの場合
コロナウィルス感染が疑わしいと思ったら・・♪
バイリンガルピアノレッスン♪春の体験レッスンの受付を開始いたします♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ピアノレッスンの効用を神経科学で検証する♪

 
今日は、音楽の効用を科学的な視点から、
真面目にお話したいと思います。
 
でもその前に、少し話はそれますが、
昨日、美智子皇后さまのピアノをニュース番組で拝聴させて頂きましたが、
毎日ご公務でお忙しい皇后さまが、いったいいつ練習されているのだろうか?
と、頭をひねられた方も多いと思いますし、私もその一人です。
とは言え、私の経験から言いますと、ある意味忙しい人ほど、
ピアノの練習にものすごく集中するきらいがあります。
私の勝手な想像で、大変僭越ではありますが、
短い練習時間をとても効率よくお使いになって練習されることを、
きっと心から楽しんでしていらっしゃり、
さらに、多くの移動のお時間などの一部をイメージトレーニングなどに、
お使いになっているのでは?と想像したします。
もちろん、幼少のころからしっかりと練習を積まれていたからとも思いますが、
ブッシュ大統領のころのライス国務長官も、ピアノが達者で、
ヨーヨーマ氏との共演を聴いたことがありますが、かなりの腕前でした。
 
さて、今回取り上げたいのは、
最近の The Journal of Neuroscience で発表された論文についてです。
参考にしたのは、8月22日付のBBC News です。
 
先にお話ししました通り、
音楽は脳を形作るときにとても良い作用をするということは、
すでに、様々な研究から明らかになってきていることですが、
今回の論文では、初めて、例え短い間でも音楽のレッスン受けることにより、
その後の人生に必要な、聴力や学ぶ力を向上させると示唆する、
という研究結果が発表されました。
 
ニーナ・クラウス教授は45名の大人を、
1、音楽のレッスン経験が全くない。
2、1年から5年の経験がある。
3、6年から11年の経験がある。
という3つのグループに分けて、電極を付けて、
さまざまな音を聴いてもらいました。
 
その結果、ほんの数年の音楽のレッスンを受けた人でも、
何も経験の無い人たちに比べると、
いろいろな違ったテスト音を、
ずっと活発に脳神経が処理できるそうです。
そして、少しうるさい場所でのスピーチや音楽を聴くために必要な、
人間が話す言葉のいちばん基本的な波長を、
特に効率的に聴き分けることができたそうです。
 
ピアノやほかの楽器を習うということは、
もちろん一番には、楽しみであって欲しいですが、
現実に、大人になってこのような形で効用があるのであれば、
嫌いじゃないのであれば、子どものうちに
数年でもやらせてみるといいのかも知れませんね。
 
経験上解っていたことが、また一つ科学で証明されました。
なんだか、不思議な気持ちです。
 
 
 
 
 
 

ピアノレッスンの効用を神経科学で検証する♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment