Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

チームの力♪

 
なでしこに続き、男子サッカーのベスト4入り、
水泳のメドレーリレーの男女のメダルにバドミントンの女子ダブルス。
オリンピックの選手たちに魅せられる毎日です。
 
個人の活躍ももちろんありますが、チームになった時の力と言うのも、
また、素晴らしいものがあると思います。
 
ピアノも同様に、まずはソロですが、
実は、アンサンブルの楽しみも大いにあります。
連弾で2人、6手連弾で3人、二台で2人、二台8手で4人、
そして5台のピアノ5人のチームを指導、
6手連弾以外は、演奏もしましたし、
合唱やソロの歌や楽器の伴奏、室内楽の演奏、
オーケストラとの共演も経験しました。
そこから学んだことは、1+1は必ずしも答えが2ではなく、時には2より大きく、
時には2より小さくなるということです。
 
一緒に弾くときに大事なこと。
それは、相手の音をしっかり聴くということです。
2人以上で一つの曲を弾くのですから、自分だけが良いという演奏では、
曲にはなりませんので、独りよがりの演奏はできません。
また、自分だけのテンポ感で弾いても、相手と合いませんから、
しっかり呼吸を合わせなければ、曲にはなりません。
 
ピアノのアンサンブルを生徒に指導していて感じるのは、
独りよがりで弾いていてもいい演奏にならないということを学び、
相手の音を聴きながら、バランスを考えて自分も音を出すことを経験することで、
自分自身の出している音もよく聴けるようになる、ということです♪
 
一人で完結できるピアノという楽器ですが、アンサンブルでは、
指10本だけでは出せないハーモニーの厚みを楽しむことができます。
5台のピアノにまでなると、合わせるのは本当に大変ですが、
大変な分、その達成感も大きく、聴いた方もピアノとは思えないような音だった、
との感想をいただきました。
ピアノでもチームでの演奏を通しての成長を楽しみたいですね!
 
なでしこも、男子も、最後の最後まで素晴らしいチームプレーで、
きっと輝くメダルを手に入れることになるでしょう!
睡眠不足はまだまだ続きそうですzzz

チームの力♪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment