Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

グールド×バーンスタイン×ブラームス1962年♪
後輩の活躍♪
朝からマーラー♪
明日から師走( ;∀;)
手袋の季節♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

先生は怒ってたんですから!!!

 
子どもって本当にひとりひとり全く違いますよね。
 
これまで、いろんなお子さんを観てきて、ひとりひとりが本当に個性豊かで、
 
「教即学」
 
レッスンを通して、本当にいろいろと学ぶことが多いとつくづく思います。
 
 
昔の先生って、怒る先生多かったように思います。
 
イギリスの先生には怒られた記憶はありませんが、
 
子どものころの先生には、丸めたカレンダーでお尻や背中を叩かれたことがあります。
 
手をピシャっと叩かれることなんて、日常茶飯事でした。
 
私の母もご多分に漏れず、大変厳しい先生でした。
 
まあ、私の小さいころは学校でも多少の体罰は日常茶飯事でしたから、
 
どおってことありませんでしたけど。
 
中学校では竹刀で叩かれたり、げんこつで叩かれたりなんて、
 
授業中にもよくありました。
 
当然1970年代のお話ですよ~
 
 
さて、私自身はどんな先生なのか???
 
振り返ってみると・・・・
 
基本的には、とっても優しい先生だと思います。(まあ、よく自分で言いますよね~)
 
自分が小さいころから高校生までは、
 
いつもいつも厳しくされたので、優しい先生に憧れたっていうのもあり、
 
イギリスでは一度も怒られたことがないっていうことも大きいですね。
 
 
20代のころ、とっても優しく教えているのに、
 
ぽろぽろと涙をこぼす小学校低学年の女の子を前に、
 
オロオロとしたことを思い出します。
 
申し訳なくてお家に電話すると、お母様は、
 
「先生、うちの子すぐ泣くんです。気にしないでくださいね!」
 
と言われてほっとする反面、当時は何故泣いてしまうのかがよくわかりませんでした。
 
結局、できないところを何度も練習させたことで、
 
「なかなかできない」っていう悔しさと、「できなくて悲しい」という気持ちが
 
混ざり合って涙になってしまったようでした。
 
でも、その後は少しずつ慣れてきて、できないから一緒に練習して、
 
少しずつ上手になっていくんだよ、ということをわかってくれて、
 
高校生になるまでピアノを続けてくれました。
 
 
また、挨拶を促されてもなかなか挨拶ができない子には、
 
「なんてしつけがなってないんだろう!」と、心の中で憤慨したりもしてたんですが、
 
なんと、うちの娘も小さいころは挨拶の出来ない子で、
 
いくら挨拶するように言っても、ニコニコしながらもじもじするだけで、
 
「こんにちは」が言えなかったんです!!
 
今や全く物怖じしない22歳ですが、幼児のころは本当にシャイでシャイで、
 
当時のことを訊くと、
 
「いやあ~なんだか、ものすごく恥ずかしくて声も出せなかったんだよね~
 
 なんだったんだろうね?」
 
なんて、言っています。
 
 
子どもって親が思うように、とか大人が思うように動いてくれないことも多いですが、
 
それが普通だと思います。
 
いずれ、自分で気が付けばきちんと挨拶もできるようになるし、
 
変わって行きます。
 
 
そして、生徒に対して怒るとき。
 
私は、できなくて怒るってことはありません。
 
練習をしなかったらできないのは当たり前のことです。
 
でも、練習方法を教えて、上達できるはずなのに、
 
それをしなかったら怒ることもあります。
 
 
怒って上手になる子、褒めて上手になる子、いろいろいますが、
 
かつて、本当に面白い子がいたんです。
 
多分、上記の理由で、お母さまもいる前で怒っていたにもかかわらず、
 
自分が怒られているという認識が全くないのです。
 
帰り際、お母様が
 
「ねえ、やらなかったらできないでしょう? 
 
 だから、先生に怒られてるのがわからないの?」
 
と、その子に訊くと、
 
「いやあ~先生は、怒ってないよ。
 
 
 僕が上手に弾けるようになるように、僕のために注意してくれてるだけだよ。」
 
の答えに、私とお母さまは思わず顔を見合わせました!
 
お母さまは、なおも
 
「いや、先生は注意じゃなくて怒ってらしたと思うし、
 
 それは仕方のないことだとお母さんは思うけど?」
 
としつこくおっしゃいますが、子どもは
 
「いや、僕は注意されただけだって!」
 
と言ってききません。
 
お母さま曰く、
 
「先生、この子学校でもこうなんです。
 
 誰が見たって怒られてるのに、怒られてないって言い張るんですよ。」
 
 
でも、いい性格してるなあ~と思いました。
 
怒ってはいたけど、それはもっと上手に弾けるように厳しく言っていたわけなので、
 
彼流にとらえると「注意」だったんでしょうね。
 
 
確か最後の発表会では、ラフマニノフの「鐘」を弾いたんだったかな?
 
そんな彼も、結婚して去年、自分の名前の一字を取った名前の
 
可愛い男の子のお父さんになりました。
 
 
でも、言っておきますけどね、
 
先生は、本当に怒ってたんですから!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

先生は怒ってたんですから!!!に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment