Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

こんなレッスンもやってます♪^^ ♪ 

 
先日、都内在住の生徒からメールが来ました。
 
「遠征希望です!」
 
確かに、東京の西の端のほうから千葉までだったら、
 
「遠征」ですね^^
 
 
札幌で大学4年生までずっと教えていた生徒ですが、
 
今は都内在住で、お子さんの成長と共に少しずつピアノを再開し、
 
昨年の第50回の記念のコンサートにも、
 
お嬢さんとの連弾と、5台のピアノで演奏してくれました。
 
 
そして、私が千葉に引っ越すことを知った時には、
 
「先生、千葉まで遠征しますから、時々レッスンしてください!」
 
と言ってくれました。
 
 
でも、実はその彼女とこんなレッスンを始めたのが、
 
数年前のことでした。
 
東京でピアノの練習を再開したものの、
 
なかなか自分に合うと思える先生に出会えないと、
 
帰省のたびにレッスンに来てくれていました。
 
そんな時に思いついたのが、データレッスンでした。
 
 
最初は、スカイプレッスンでも!などとも言っていたのですが、
 
ピアノの部屋とPCでスカイプができる部屋が離れてしまい、
 
苦肉と策として編み出したのです。
 
 
確か最初はモーツァルトのソナタだったかしら?
 
昨年の、5台のピアノの時も、
 
他の人たちが弾いたデータを送って感じをつかんでもらったり、
 
お嬢さんとの連弾のデータも送ってもらいました。
 
 
データレッスンとは何ぞや??と驚かれるかも知れませんが、
 
録音データを送ってもらって聴いて、
 
気になるところをコメントして、メールを送り、
 
コメントに同意できるところは、自分で修正して、
 
またデータを送って・・・
 
ということを、繰り返すことです。
 
小さなお子さんにはできませんし、
 
データですからダイナミクスなど、生とはもちろん違いますが、
 
フレージングや、バランス、ある程度までは音の質もわかりますし、
 
すでにどんな演奏をするのかがわかる生徒さんに対してなら、
 
有効なレッスン方法だと思います。
 
 
今回は、すでに遠征に先だってデータを送ってもらいました^^
 
ご主人がお子さんたちを見ててくださる間の限られた時間のレッスンを、
 
有意義なものにするためには、
 
データで聴いてアドバイスできることを先に直してもらえば、
 
来てくれた時には、実際のレッスンでしかできないことを、
 
めいっぱいできると思うのです♪
 
 
ちなみに、重たいデータでもデータ便などでは、
 
無料で送ってくれます。
 
 
こんなレッスンもやってる、変な先生がいるってことで、
 
まとめちゃっていいかしらね?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こんなレッスンもやってます♪^^ ♪ に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment