Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

11月になりました♪
良き秋の日に♪
久々です( *´艸`)♪
台風24号恐るべし(>_<)♪
調律しました♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

生徒の学校でのピアノ伴奏への対応♪その1)

 
まずは私事ですが、私が小学生のころ、
学校の音楽の時間となると、いつも私が伴奏をしていました。
担任の先生は、だいたいどんな曲でもドミソの和音で伴奏というような、
昭和40年代のことです^^;
今は、CDという便利な道具がありますから先生たちにも、
一緒に楽しめる音楽の時間なのではないでしょうか?
 
 
さて、本題の学校でのピアノ伴奏ですが、
これにはいろいろなパターンがありますね。
小学生なら、学習発表会や学校行事での伴奏がメインでしょう。
そして、中学生になると校内の合唱コンクールなども考えられますね。
 
昨年まで住んでいた札幌市中央区のいくつかの中学校では、
7~8年くらい前から、札幌コンサートホール「キタラ」という、
札幌市の中島公園にあったこどもの国(遊園地)後に建てられた、
素晴らしい音楽専用ホールで合唱コンクールを行っています。
大ホールなんて私だって1度しか弾いたことがないのに、
あの舞台に立てて歌えるなんて本当に恵まれた子どもたちです。
 
また、保護者も整理券で入場できるので、
クラシックコンサートがメインのコンサートホールには、
初めて訪れたという方も少なくはないようです。
 
私の生徒たちも、中学校の合唱コンクールでピアノ伴奏をする機会がある子も多く、
伴奏のレッスンもよくしていました。
中学校の合唱と言うと、だいたい女子が伴奏で男子が指揮、
というパターンが多かったように思いますが、
女子の伴奏はともかく、男子の指揮のほうは、
正直言って心もとない子が多かったように思います。
そうすると、結局はピアノ伴奏の役割がとても大事になってきます。
 
伴奏もソロの演奏と同じに弾けばいいと思う方もいるかもしれませんが、
伴奏にはまた伴奏なりの全く違った演奏上のテクニックがあります。
ただ、歌と合っていればいいと言うものでもなく、
やはり、歌を引き立たせる演奏上のコツがあるのです。
 
指揮者が、どちらかというと何となく曲に合わせて腕を振って、
音が大きくなる時には大きく振る、程度のことしかできない場合は、
尚更のこと、伴奏の良し悪しは歌の出来にも響いてきます。
 
伴奏の担当になった子には、指揮者がどの程度音楽に明るいか、
などということも訊いてから、合唱伴奏のコツを教えます。
時は、指揮者の子にも来てもらって一緒にレッスンをしたこともあります。
そんな子たちのペアが金賞を取ったりすると、本当に嬉しく思います。
 
 
「歌う」ということは、ピアニストにとっては永遠の憧れです。
だって、ピアノは打楽器なので、
物理的には、弾いてしまった音を大きくすることは不可能ですから・・・・。
 
だからこそ、それでも「歌っているように」聴かせるテクニックを、
生徒さんに伝えて行きたいと思っています。

生徒の学校でのピアノ伴奏への対応♪その1)に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment