Toeic930点のベテラン講師とバイリンガル・ピアノレッスンしませんか? - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

進まないお引越し( ;∀;)♪
この記事アップできるかな????♪
右折がコワイ(/ω\)♪
お休み中のピアノの練習♪
9(10)連休おしまい( *´艸`)♪

カテゴリー

Trinity Laban
ピアノのおけいこ
ピアノのテクニック
ピアノの演奏あれこれ
ピアノ以外の音楽
作曲家・曲のあれこれ
思い出の曲
日記
英国ネタ
英語つれづれ
言葉としての英語
雑感
検索エンジンの供給元:

マイブログ

沖縄で宝島を読んだ♪


先日 沖縄から羽田に降り立った時
羽田から 新千歳空港に降り立った時と
同じような空気の違いを感じました。

この春休み 初めて沖縄に行ってきました。
北海道とは真逆の南の島 とは言え 
沖縄は小ぶりで動きやすかったです( *´艸`)
半日雨がすごかったですが
美ら海水族館 首里城 水中道路 などの観光地
沖縄そば グルクン 島豆腐 いろんなおにぎりなど
いろいろさまざま 堪能してきました!

買ってはいたものの 時間が無くて読んでいなかった
昨年の直木賞受賞作「宝島」を 持参しました。
時代はずいぶんさかのぼりますが
舞台となった沖縄で読んでみよう と思ったのです。

私がおもうところの休暇のだいご味は
さまざまな雑用に邪魔されない ということですね。
多分 私はある種の活字中毒だと思うのですが
本を読みだすと止まらないのです。
止められない止まらない
CMじゃあありませんが・・・( *´艸`)

あちらこちらにルビがふってあるのですが
その小さなカタカナが結構むずかしいのです。
翻訳機が必要だなって思いました。

100年少し前まで 琉球王国という
ひとつの王国だった沖縄ですから
同じころまで アイヌの人たちのものだった
北海道とは まったくちがうな と思いました。

ガイドブックやグーグルマップを見ながら歩いていると
親切な方たちが どこ行くの? そこ分かりにくいよね~
こっちだよ。と 教えてくださいました。
宴会文化 とも言えるものがあるようですが
あの空気を吸っていると 
とてもリラックスして オープンになれる気がしました。

とは言え 本の内容はそんなに力の抜けたものでは無く
私にはまったく未知の ある意味裏歴史のようなものかと思いました。
内容はそれなりに重く いろいろ考えられさせられましたが
なぜか読後感は爽やかでした。

そこが この作家の個性なのかもしれません。
まだ2冊しか読んでいませんが、
他の作品も 読みたいなと思いました。

新年度がはじまりましたので
つぎに何時間も読書に没頭できるのは
ゴールデンウィークの期間かしら?





新年度♪


今朝からの陽射しがなくなってきて
空が暗くなってきました。
新元号「令和」と決まり
あ~(一一")またどうせ "L" での発音なのに 
"R" かよ~~~(>_<)
とか思っちゃいました。

いえ 全然構わないんですけどね。
M T S H までは良いんだけど
R ねえ~~~~

発表の時は「れいわ」じゃなくて
「えいわ」って聞こえた~って
家族が言っていました。

ま でも決まったことですから
少しずつ慣れていくことでしょう。

前段長すぎましたが
今日から新年度でレッスンがはじまります。
千葉に来てから9年目
お教室再開から 8年目となります。
明日からは 新入会の方のレッスンもはじまります。

元号も変わることですし
気持も新たに 頑張ります!
発表会を終えて 一回りも二回りも成長した
生徒たちとの再会を 楽しみにしています♪



体験レッスンのお申し込みをありがとうございます♪


昨日は真冬の寒さ(>_<)
今朝も寒かったですが
陽射しに当たればポカポカです。

さて 体験レッスンのお申し込みは
1月くらいからいただいていたのですが
3月の発表会準備のため忙しいので
お待ちいただいていました。
というより 昨年は都合により
早々に新入会のお申し込みは
お休みさせていただいておりました( *´艸`)

発表会も終わり 春休みに入ったことからか
体験レッスンのお申込みが パタパタと入っています。
ありがとうございます。

こちらの都合で申し訳ありませんが
レッスンご希望の時間に空き時間がある場合のみ
体験レッスンを受けていただいておりますので
ご了承くださいませ。



春休み♪


昨日は急に「暑い!」
と思えるような ポカポカ陽気でした。
発表会が終わって数日経ちましたが
山のようにたまっていた雑用を
ひとつひとつこなしていたら
春休みが終わってしまいそうです( ;∀;)

"To Do List" 「やることリスト」を作っていますが、
毎日 そういえば あれも これも 
と リストがどんどん長くなっています。

この季節 花粉症の無い私にとっては
千葉では最高に好きな季節ですね。
何と言っても 桜がキレイ!
桜の木が 札幌に比べると格段に大きいし
たくさんあります。
一度 千鳥ヶ淵に行ったのですが
それはそれは素晴らしかった!
でも 人が多すぎるので二度と行くつもりはありません。

家の近所でも 桜のたくさんある
そんなに混雑しない公園がたくさんあるので
そういうところでお花見を楽しみたいと思います(^^♪

春休みは新年度に向けての準備がいろいろありますね。
学年が上がり 習い事の時間が変更になる生徒も多いですが
そんなに大きな変化はなく お願いごとも少なく済みそうです。

あっという間に終わってしまいそうな春休みですが
しっかりやる事を行こうとおもいます( *´艸`)








発表会無事終了(^^♪


昨日は若干雨の予報もありましたが
結局朝のみポツポツとあったほかは
少し肌寒かったものの
穏やかなお天気の中
無事 発表会が終了しました。

緊張で違う場所から弾き始めてしまったり
繰り返しを多くしてしまったり
多少のミスはあっても
それぞれが 持てる力を出し切ったと思います。

今年は 初めてホール花道のドアを使って
舞台袖に来てもらうことにしたり
生徒席をなくしたりと
新しい試みも行いました。

また 去年はあまりにもピアノがひどかったので
今年は前延長(9時ではなく8時からホールを借りる)をして
調律もしてもらいました。

昨年まで 毎年のようにあった
客席での騒がしさもなく
落ち着いていて 良かったと思いました。

恒例になった講師演奏も 自覚は無いのですが
家族が大笑いするくらいのメッチャ速いスピードで弾き
全然緊張はしていないのに スピードが速すぎて
結局 2曲目の「黒鍵」ではポカミス連発でしたが
まあまあ 最後まで弾き切ったことで良しとしておきます。

6時半起きで 朝8時からのホール受付
反響版の設置 準備をして
10時からのリハーサルに 13時30分からの本番
そして 出番の15時半近くには
ほとほと疲れ切っていて
演奏をする という状態ではないのが実情です(>_<)

演奏だけに集中するのであれば
とても許されないようなミスなので
正直言うと とっても悔しいです。

生徒には「落ち着いて」
と言っておきながら 自覚無しに
自分は超スピードだったという・・・
「あ~あ」という思いです。

発表会に先立って 講師演奏がある
という会もあるそうなので
それもいいかなあ~ともおもいつつ
やはり 最後に締める という役割も必要かと思ったり・・・

でも 締めるような演奏ができない 
という歯がゆい思い(一一")

もう 来年は連弾にしようかなあ~( *´艸`)

私の演奏は別として
生徒は皆 頑張りました!
おつかれさま!


ブレグジット狂騒曲(一一")♪


そろそろ春が感じられるようになりました!
千葉に来てからは 
春が一番好きな季節になりました♪

さて 発表会まであと3日
秒読みとも言えるところで
ブレグジットの話題でもないだろ!
と 突っ込まれても当然なんですが
今 BBCでは 1にも2にもブレグジット
3,4がなくてもブレグジット
ってくらい ニュースで持ちきりです( ;∀;)

それもそのはず
昨日は 議会で法案を通すかどうか?
が 否決され
今日は 法案を通さないなら
"No deal"(法案無し)でブレグジットを行うかどうかを
議会に諮り
そんでもって 
明日は ブレグジットの時期を延ばすかどうか
が 諮られます((+_+))

ウエストミンスター(議会)の前からの中継は
あ~でもない こ~でもないと
情けないこと情けないこと(>_<)

ちゃんと政治経済を学んでいない私でも
イギリス議会は 議会制民主主義のお手本だった
ということは知っています。
(日本は ドイツ式を取り入れたらしいですが?
 耳学問です)

先日の沖縄の県民投票を
安倍総理は やんわり一蹴しましたよね?
参考にもせず 完璧無視
というのもどうかと思いますが
ブレグジットの結果を まんま民意と受け止めた
イギリス議会もあまりにもナイーブじゃなかったかと
ただのオバサンは思うのです。 

40年前の1979年は
サッチャー政権が誕生した年なんですが
サッチャー女史は 草葉の陰から
この茶番劇をご覧になって
何を思われているでしょうね~~~( ;∀;)






スキ キライ 向き 不向き( *´艸`)♪


ここ数日は 雨ばかりで
2~3月のカラッカラ天気を
取り戻さんとするような降り方で
うんざりでした。
発表会まであと1週間となりました。

時間がなくて
まだ今年のプログラムはアップしてませんが
今年は 素敵なラベンダー色です(^^♪

いつも思うことですが
ピアノを習うのであれば
「スキ!やりたい!」
という生徒に 習って欲しいのです。

「好きこそものの上手なれ」
と言いますが 好きな子は上達が早いです。
練習が嫌いでも レッスンでは一生懸命な子は
発表会でぐんと成長します。

そして 何事でも同じですが
「向き 不向き」というものもあります。

ロシアでは 子どもの習う楽器は
その子の体格 腕の長さ 指の長さ
などもすべて考慮して 楽器を選んでいました。
バレエをする子は 何代にもさかのぼって
家族の体系まで調べていたそうです。
まあ 共産圏だからこそ でしょうね。

自由の国 日本では
やりたい楽器を選ぶことができます。
でも 残念ながら
あまりピアノには向いていない
ぶきっちょさんもいます。

ピアノに向いていないから
音楽に向いていない のではなく
音感は優れているけれども
指を動かす楽器には向いていない
そういう生徒もいます。
けれども それでも好きな子は伸びます。

一番困るのが
向いているけど キライ
向いていないし キライ
というタイプです。

向いているけど キライ
という生徒は 本当にもったいないなあ
と 思いますが
でもこればかりは 仕方ありません。

向いていないし キライ
という生徒には 熱心な保護者がいらして
「辞めたいけどお母さんがダメって言う」
という生徒の代弁をして 過去には
辞めていただいたこともありました。

幸いなことに
今は みなさん熱心に向かってくれていて
本当に 私は幸せです♪

千葉でお教室を再開してから7回目の発表会になります。
この6年7年で ぐんと成長した生徒の演奏を聴くと
感激 感動します!

発表会には出演しない生徒も
日々 成長・上達しています。
「後期高齢者よ!」
と 笑っておっしゃる方も
年々上達されていて
我が教室の「スター」です。

ピアノはどこにも逃げません。
今は忙しくてピアノは向けなくとも
ピアノはずっと待っていてくれます。

向いているけど キライ な生徒も
向いていないし キライ な生徒も
いつかまた やってみようと思ってくれているいいな
と心の中で思っています。

そうそう 一度自分から
「先生 僕は次の発表会が終わったら
 ピアノを辞めます。」
と言って 辞めて行った男の子
高校生になってから お母さまに
「なんで 辞めるのを止めてくれなかったんたよ!
 続けていたかったのに!」
と のたまったとか( ;∀;)

妹の振替レッスンに 
代わりに来てましたよ( *´艸`)
高校や大学のバンドで キーボードで
活躍してたそうです。

やりたいことができる
それが 幸せですね♪











嗚呼最悪(*´Д`*)♪


3月になりました。
そして 1日と言えば
来年の発表会の抽選日です。

午後から陽が射してきて
気持ちの良い天気になったのとは裏腹に
今日の抽選日は 千葉に来て8年目にして
初めて午前午後の区分が取れない
最悪の事態となりました( ゚Д゚)

音楽ホール抽選希望者が21人いて
引いたくじが21番 が~~~~ん(>_<)
その時点で 午前午後区分はすっぱり諦めました。

少し驚いたのが 午後区分(13時~17時)の
4時間のみの希望者がかなり多かったことです。
続けてであれば予約が取れるので
土日とかなら 前日夜区分にリハーサルで
翌日朝の本番でも と淡い期待とは裏腹に
どんどん予約が入って行き
結局 取れたのが3月21日(土)の
朝区分(9時~12時)と夜区分(18時~22時)です( ;∀;)
(本来は 一度に取れない区分ですが
 私が音楽ホール希望者の最後の一人だったため
 朝区分と夜区分の予約ができました。)

でも これで困ったのが 
ビデオ撮影の仕込みができないこと( ゚Д゚)

と 思っていたら
問い合わせていた今年もお世話になるビデオ屋さんから
お返事が来て「なんとかなる!」
とのこと!

やった~~~\(^o^)/\(^o^)/ \(^o^)/
さすが プロ!!
ほっとしました(*^^*)

それなら なんとかなるか(*^^*)
あ~~~安心した!

ということで 最悪は脱しました!
多忙な3月に ホールが取れただけでも
御の字では?とビデオ屋さんも家族も言います。
確かに 7回も続けて土日で取れていたのが
ある意味奇跡的だったんだろうと
今は納得しています。

ということで 来年はちょっとイレギュラーですが
引き続きなんとか3月に発表会ができることになりました。
メデタシメデタシ(*^^*)

2月が逃げる中指使いを変えてみた♪


2月 最終日となりました。
ホントに 逃げてった2月( ;∀;)
速かったです。

さて 発表会まで16日となりました。
生徒たちはそれぞれ そろそろエンジンがかかってきて
曲もまとまりつつあります。

ちょっとやっぱり難しかったかなあ~という曲も
みんな頑張って弾けるようになっています。
メトードローズレベルの子でも
ブルグミュラー程度の曲を弾いています。

ワタクシも発表会に向けて
時間を見つけては練習はしていますが
先日 なかなかうまく弾けないところがあったのですが
思い切って指使いを変えてみました。
指使い というのはとても大切で
指使いによって弾きやすさ 弾きにくさが決まる
と言っても 過言ではありません。

数学で言うと どの方程式を使うか?
という感じでしょうか( *´艸`)

でも なんせ頭も指も衰えてきているので
なかなか浸透しない(>_<)
それでも 新しい指使いの方が指がすっと鍵盤に乗る感じがするので
練習しようと思います( ;∀;)

まあ あとは練習あるのみ!
本番での成功は 練習での完成度如何です。
100回うまくいっても 101回目にコケることもあり得ますが
それでも 上手くいく確率のほうが絶対に高くなります。

練習は嘘をつかない
これは 何をやっていても同じかな
と思います。
あと 2週間とちょっと
先生もがんばるから みんなも頑張ろう!!

"The art of wangling "「プロのコツ?」( *´艸`)♪ 


2月もあと10日あまりとなりました( ;∀;)
今日は どんより曇り空
午後には 雨の予定ですが
湿度もあり 少し暖かく感じます。

さて "The art of wangling" とは??
まあ ぶっちゃけ「ごまかしの方法」
ですかね(≧▽≦)

真面目にピアノを学んでいる方は
申し訳ありませんが ここからは読まないでください。

ワタクシとしては「プロのコツ」
と言いたいくらいですが
それは 人それぞれだと思うので
あくまでも 私個人の考え方です。
私は 千葉に来てから毎年発表会で
演奏していますが
今年は ショパンのエチュードを弾く事にしました。
みなさまよくご存じの「別れの曲」と「黒鍵」です。

「黒鍵」はその曲の名前の由来の通り
右手は黒鍵しか弾きません。
最後のページに「pp(ピアニッシモ・とても弱く)」
弾かなくてはならないとても弾きにくいパッセージがあるのですが
私はそこを「グリッサンド(指先以外で続けて弾く奏法)」
で 弾いちゃいます( *´艸`)

名のあるピアニストたちは
きちんと一音一音弾いていますが
私は「名のない」ピアニストなので
ごまかして グリッサンドで弾いちゃいます。
だって 出てくる音は同じだし
グリッサンドのほうが 絶対に上手く弾けるもの!

もちろん 私が学生時代に練習したときは
一音一音別々の指で弾きましたよ。
技術の習得という点では そう弾くべきです。
でも 今私は時間が無い。
体力が無い。
集中力が無い。
ミスが無くなるまで練習する時間がないので
グリッサンドで弾きます。

ピアノコンクールを受けよう!
という人は 駄目ですよ。
でも ピアノ愛好家(ワタクシ?) 
は良いんじゃないでしょうか?
本当は「先生」だった( ;∀;)

どう弾くか?
ではなくて
どう聴こえるか?

速く弾かないで 速く聴こえるように弾く
ってのと まあ根本は同じことですね。

こんな考え方があっても
良いんじゃないでしょうか?